研究者
J-GLOBAL ID:200901080831183120   更新日: 2020年09月01日

岸尾 光二

キシオ コウジ | Kishio Kohji
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): https://semrl.jp/https://semrl.jp/index_en.html
研究分野 (3件): 地球資源工学、エネルギー学 ,  応用物性 ,  磁性、超伝導、強相関系
研究キーワード (7件): 金属間化合物 ,  固体物理化学 ,  固体電気化学 ,  固体欠陥化学 ,  機能性酸化物 ,  高温超伝導 ,  超伝導工学
競争的資金等の研究課題 (25件):
  • 2016 - 2021 REBCO/MgB2超伝導バルクマグネットによるコンパクトNMR/MRIの開発
  • 2014 - 2017 長周期自然超格子を用いた量子構造の創製
  • 2011 - 2015 レアアースフリー強力超伝導磁石の創製と応用検討
  • 2012 - 2014 高密度MgB2線材の実現に向けた常圧下固相反応プロセスの検討
  • 2011 - 2014 短ξ高温超伝導体における粒内・粒界の不可逆磁場決定因子の解明
全件表示
論文 (569件):
  • Yusuke Shimada, Akiyasu Yamamoto, Yujiro Hayashi, Kohji Kishio, Jun Ichi Shimoyama, Satoshi Hata, Toyohiko J. Konno. The formation of defects and their influence on inter-and intra-granular current in sintered polycrystalline 122 phase Fe-based superconductors. Superconductor Science and Technology. 2019. 32. 8
  • Yui Setoyama, Jun ichi Shimoyama, Takanori Motoki, Kohji Kishio, Kenta Murakami, Takayuki Terai. Potential for improvement of pinning properties for REBCO melt-textured bulks by high energy electron irradiation. Physica C: Superconductivity and its Applications. 2017. 537. 5-9
  • Yasuaki Takeda, Jun ichi Shimoyama, Takanori Motoki, Kohji Kishio, Takayoshi Nakashima, Tomohiro Kagiyama, Shin ichi Kobayashi, Kazuhiko Hayashi. Fabrication of Bi2223 bulks with high critical current properties sintered in Ag tubes. Physica C: Superconductivity and its Applications. 2017. 534. 9-12
  • Motomune Kodama, Takaaki Suzuki, Hideki Tanaka, Kenji Okishiro, Kazutaka Okamoto, Gen Nishijima, Akiyoshi Matsumoto, Akiyasu Yamamoto, Jun Ichi Shimoyama, Kohji Kishio. High-performance dense MgB2 superconducting wire fabricated from mechanically milled powder. Superconductor Science and Technology. 2017. 30. 4
  • A Ishihara, T Akasaka, M Tomita, K Kishio. Superior homogeneity of trapped magnetic field in superconducting MgB2 bulk magnets. Superconductor Science and Technology. 2017. 30. 3. 035006-035006
もっと見る
MISC (221件):
  • 荻野拓, 岸尾光二, 後藤義人, 片岡邦光, 伊豫彰, 永崎洋. Eu112のEuサイト置換と物性. 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2017. 78th. ROMBUNNO.7a-S42-1
  • SALA Alberto, 荻野拓, 荻野拓, 田中隼人, 岸尾光二, 後藤義人, 片岡邦光, 伊豫彰, 永崎洋. 新化合物(Eu,La)FeAs2の合成及び物性. 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2016. 77th. ROMBUNNO.15p-D63-15
  • 市原義悠, 荻野拓, 荻野拓, 下山淳一, 岸尾光二. CrPn層を持つ層状化合物の物性制御. 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2016. 77th. ROMBUNNO.15p-D63-16
  • 林功輔, 荻野拓, 荻野拓, 下山淳一, 岸尾光二. SmFeAs(O,F)の超伝導特性に対するSn添加効果の機構解明. 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2016. 77th. ROMBUNNO.15p-D63-17
  • 北村拓也, 荻野拓, 岸尾光二, 柳田健之, 下山淳一. フッ素を含む新規層状複合アニオン化合物の合成と物性. 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM). 2016. 29th. ROMBUNNO.1H23
もっと見る
特許 (17件):
書籍 (75件):
  • ホットプレス法による MgB<sub>2</sub> 多結晶バルク超伝導磁石の開発
    日本金属学会誌, Vol.80 No.7 (2016) 457-461 2016
  • 青色発光ダイオード、和の伝統色と淡青
    東燃国際奨学財団年報, No.25 2014
  • 超伝導材料の開発と実用化への夢
    鯱光会会報, 第634号, pp14-16 2014
  • 結晶成長方位および金属組成制御によるY123溶融凝固バルクの超伝導特性の改善
    低温工学 Vol. 46, No.3 (2011) 125-130 2011
  • 磁場配向法による c 軸配向 MgB<sub>2</sub> バルクの開発
    日本金属学会誌, Vol.74, No.7 (2010) 428-433 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (397件):
  • 層状酸塩化物 AE<sub>3</sub>Sc<sub>2</sub>O<sub>5</sub>Cl<sub>2</sub>:Eu(AE = Sr, Ba) の蛍光特性
    (第80回応用物理学会秋季学術講演会 [21a-E302-10] 2019)
  • Eu112のEuサイト置換と物性
    (第78回応用物理学会秋季学術講演会 [7a-S42-1] 2017)
  • 超電導バルク体の磁気光学像評価
    (第78回応用物理学会秋季学術講演会 [6a-PB1-10] 2017)
  • MgB<sub>2</sub>超電導バルク体の磁化特性評価
    (第78回応用物理学会秋季学術講演会 [6a-PB1-11] 2017)
  • MgB<sub>2</sub>超電導バルク体の磁化緩和特性
    (第63回応用物理学会春季学術講演会 [15a-P7-11] 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1976 - 1981 Northwestern大学 (1981) 材料科学工学科博士課程
  • 1974 - 1977 東京大学 工業化学専門課程
  • 1972 - 1974 東京大学 工業化学科
学位 (1件):
  • Ph.D. (Northwestern大学)
経歴 (8件):
  • 2017/06 - 現在 東京大学
  • 1996/08 - 2017/03 東京大学 大学院工学系研究科 教授
  • 2003/01 - 2004/12 東京大学 低温センター長
  • 1990/08 - 1996/07 東京大学 大学院工学系研究科 助教授
  • 1993/04 - 1995/03 京都大学 化学研究所 客員助教授(常勤)
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2002 - 現在 公益財団法人東燃国際奨学財団 評議員、理事
  • 1990 - 現在 公益社団法人応用物理学会 評議員、理事 他
  • 1996 - 2012 公益社団法人電気化学会 副会長、理事 他
  • 2008/04 - 2010/03 公益社団法人低温工学協会 理事
受賞 (5件):
  • 2020/03 - 公益社団法人電気化学会 功績賞
  • 2011/08 - 公益社団法人応用物理学会 フェロー表彰 ”新しい高温超伝導体開発に関する先駆的研究と高性能化”
  • 2004/09 - 日本金属学会 学会論文賞(第52回) Materials Transactions, Vol. 44, No. 12 (2003) pp. 2495 to 2498; "Influence of Magnetic Field Direction on Rearrangement of Martensite Variants in an Fe-Pd Alloy"
  • 1999/04 - 未踏科学技術協会超伝導科学技術研究会 超伝導科学技術賞 "次世代高臨界電流密度超伝導材料の開発とその基礎科学の展開"
  • 1995/03 - 公益財団法人日産財団 日産科学賞 "高温超伝導の物理と化学の展開"
所属学会 (10件):
低温工学・超電導学会 ,  Materials Research Society ,  応用物理学会 ,  電気化学会 ,  日本化学会 ,  日本磁気科学会 ,  日本セラミックス協会 ,  日本物理学会 ,  米国物理学会 ,  米国電気化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る