研究者
J-GLOBAL ID:200901091291128843   更新日: 2020年09月08日

青柳 里果

アオヤギ サトカ | Aoyagi Satoka
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.ml.seikei.ac.jp/spectra/
研究分野 (4件): 薄膜、表面界面物性 ,  生物物理、化学物理、ソフトマターの物理 ,  生体材料学 ,  生体医工学
研究キーワード (8件): データ解析 ,  化学工学 ,  表面計測 ,  生体工学 ,  生物物理 ,  Surface Analysis ,  Chemical Sensor ,  Biosensor
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2023 金属表面近傍の水素位置の可視化
  • 2017 - 2021 マトリックス効果を考慮した二次イオン質量分析イメージングの開発
  • 2013 - 2017 成分未知組織を構成する分子の同定と分布を同時解析可能な新規イメージング法の開発
  • 2011 - 2012 植物生体内の分子分布計測法の開発
  • 2008 - 2009 ガスクラスターSIMS基本技術の開発
全件表示
論文 (92件):
  • Tomoko Kawashima, Takahiro Aoki, Yuko Taniike, Satoka Aoyagi. Examination of beauty ingredient distribution in the human skin by time-of-flight secondary ion mass spectrometry. Biointerphases. 2020. 15. 3. 031013-031013
  • Tomomi Akiyama, Naoya Miyauchi, Akiko N. Itakura, Takayuki Yamagishi, Satoka Aoyagi. Fusion data analysis of imaging data of hydrogen-permeated steel obtained by complementary methods. Journal of Vacuum Science & Technology B. 2020. 38. 3. 034007-034007
  • Kazuhiro Matsuda, Satoka Aoyagi. Time-of-flight secondary ion mass spectrometry analysis of hair samples using unsupervised artificial neural network. Biointerphases. 2020. 15. 2. 021013-021013
  • Masaru Ito, Yukari Kuga, Takayuki Yamagishi, Miya Fujita, Satoka Aoyagi. Evaluation of secondary ions related to plant tissue using least absolute shrinkage and selection operator. Biointerphases. 2020. 15. 2. 021010-021010
  • Keisuke Mizomichi, Takayuki Yamagishi, Tomoko Kawashima, Michael Dürr, Satoka Aoyagi. Investigating matrix effects of different combinations of lipids and peptides on TOF-SIMS data. Biointerphases. 2020. 15. 2. 021008-021008
もっと見る
MISC (73件):
もっと見る
書籍 (9件):
  • マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
    技術情報協会 2019 ISBN:9784861047633
  • 表面科学の基礎
    共立出版 2013
  • 現代質量分析学
    化学同人 2013
  • わかりやすい透析工学 VIII(7)タンパク質の分子構造評価
    南江堂 2012 ISBN:9784524269587
  • Satoka Aoyagi
    Wiley 2012 ISBN:9780470536735
もっと見る
講演・口頭発表等 (88件):
  • ToF-SIMSの低エネルギー一次イオンビームによるペプチドフラグメントイオン生成評価
    (表面科学学術講演会講演要旨集 2015)
  • 高分子混合試料のArクラスタースパッタリング正・負二次イオンスペクトルにおけるマトリックス効果の評価
    (表面科学学術講演会講演要旨集 2015)
  • ToF-SIMSを用いた脂質膜上でのアミロイドβ(1-40)吸着形態の評価
    (表面科学学術講演会講演要旨集 2015)
  • 飛行時間型二次イオン質量分析を用いた透析膜内側への血液吸着分布解析
    (人工臓器(日本人工臓器学会) 2015)
  • Peptide structural analysis using continuous Ar cluster beams
    (IUVSTA Workshop for Surface Analysis and Standardization 2013 (iSAS-13) 2013)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1999 - 2002 早稲田大学大学院 応用化学専攻博士後期課程
  • 1995 - 1997 早稲田大学大学院 応用化学専攻修士課程
  • 1991 - 1995 早稲田大学 応用化学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (早稲田大学)
経歴 (10件):
  • 2017/04 - 現在 成蹊大学 理工学部 教授
  • 2014/04 - 2017/03 成蹊大学 理工学部 准教授
  • 2005/03 - 2014/03 島根大学 生物資源科学部 地域環境科学科 准教授
  • 2002/04 - 2005/02 成蹊大学工学部 助手
  • 2002 - 2005 Research Associate, Seikei University
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 日本学術振興会R026先端計測技術の将来設計委員会 委員
  • 2012/10 - 現在 表面化学分析技術国際標準化委員会 TC201イオンビーム委員会 WG委員
  • 2011 - 2020/03 日本学術振興会マイクロビームアナリシス第141委員会 委員
  • 2015/04 - 2019/03 日本表面科学会 編集委員
  • 2011/04 - 2013/03 日本生物物理学 会誌編集委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2009 - 榊奨励賞
  • 2002 - Mizuno Award (Waseda University)/
  • 1995 - Travel Fellowship Award (Amarican Society for Artificial Internal Organs) MM
所属学会 (5件):
日本質量分析学会 ,  日本表面真空学会 ,  日本学術振興会マイクロビームアナリシス第141委員会 ,  日本生物物理学会 ,  化学工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る