研究者
J-GLOBAL ID:200901091457846570   更新日: 2024年02月15日

千葉 明

チバ アキラ | Chiba Akira
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.chiba.ee.titech.ac.jp/http://www.chiba.ee.titech.ac.jp/english/index.html
研究分野 (1件): 電力工学
研究キーワード (8件): 高速モータ ,  自動車駆動 ,  ベアリングレスモータ ,  磁気支持 ,  磁気浮上 ,  発電機 ,  回転機 ,  電動機
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2019 - 2022 ベアリングレスモータにおけるアーンショウの定理の限界の探索
  • 2015 - 2017 ハイブリッド自動車用スイッチドリラクタンス機の振動騒音の低減
  • 2014 - 2017 単一パワーモジュール駆動式磁気浮上モータシステムの基盤構築
  • 2013 - 2015 スイッチドリラクタンス発電機の試作、試験
  • 2009 - 2010 極薄形遠心ポンプ用3次元ベアリングレスモータの基礎研究
全件表示
論文 (147件):
  • Hironori Minegishi, Yusuke Fujii, Akira Chiba. Acoustic Noise Reduction of Surface Permanent Magnet Motor by Injection of Third and Ninth Harmonics into the Zero-Sequence Current. 2023 26th International Conference on Electrical Machines and Systems (ICEMS). 2023
  • Yusuke Fujii, Yinyin Fang, Hironori Minegishi, Akira Chiba. Inverter-less Thrust Magnetic Suspension Using Zero-Sequence Current in a 5-DOF Controlled Bearingless Motor. 2023 IEEE Energy Conversion Congress and Exposition (ECCE). 2023
  • Fares S. El-Faouri, Yifei Cai, Akira Chiba, Yusuke Fujii. Acoustic Noise Reduction and Radial-Force Sum Flattening of Switched Reluctance Motors by Analytical Force Shaping. 2023 IEEE Energy Conversion Congress and Exposition (ECCE). 2023
  • Fares S. El-Faouri, Yifei Cai, Akira Chiba, Yusuke Fujii. Analytical Radial-Force Sum Flattening of Switched Reluctance Motors Considering Current RMS. 2023 IEEE International Electric Machines & Drives Conference (IEMDC). 2023
  • Yifei Cai, Fares S. El-Faouri, Akira Chiba, Yusuke Fujii, Kyohei Kiyota. Electromagnetic Force Estimation by Using Strain Gauges in Permanent Magnet Motors. 2023 IEEE International Electric Machines & Drives Conference (IEMDC). 2023
もっと見る
MISC (765件):
もっと見る
書籍 (32件):
  • 実用面からみたリラクタンストルク応用電動機の用途別最適化技術」
    電気学会 2007
  • 進展を続ける交流電動機可変速駆動システム
    電気学会技術報告第1009号2005年3月著者24名 2005
  • リラクタンストルク応用電動機の要素技術と高性能化動向
    電気学会技術報告第1020号2005年6月52頁 2005
  • 磁気支持応用機器における開発現状とそのダイナミクス
    電気学会技術報告第1017号2005年5月全50頁 2005
  • Magnetic Bearings and Bearingless Drives
    Newnes Elsevier 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • Combination of oil film bearing and bearingless motor for high load capacity and stable rotation
    (2018)
  • Radial excitation force generated by permanent magnet motor using d-axis current injection
    (2018)
  • ベアリングレスモータによるすべり軸受で支持された弾性ロータの高速回転
    (2017年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集 2017)
  • Suppression of Self-Excited Vibration Caused by Oil Film Bearing Using Bearingless Motor
    (2017)
  • Performance Improvement of a Bearingless Motor by Rotation about an Estimated Center of Inertia
    (2017)
もっと見る
経歴 (2件):
  • 2010/04 - 現在 東京工業大学 工学院 教授
  • 2004/04 - 2010/03 東京理科大学 理工学部 教授
委員歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 電気学会回転機技術委員会 委員長
  • 2020/01 - 現在 Chair in IEEE Industry Applications Society Electric Machine Committee 委員長 世界で最もレベルが高い。英語圏外では、イタリアの型に続いて当方が2人目
受賞 (1件):
  • 2020/07 - IEEE Nikola Tesla Award (IEEE Technical Field Award)
所属学会 (5件):
自動車技術会 ,  パワーエレクトロニクス学会 ,  日本機械学会 ,  IEEE ,  電気学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る