研究者
J-GLOBAL ID:200901091675767622   更新日: 2020年07月23日

徳山 英利

トクヤマ ヒデトシ | Tokuyama Hidetoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/4d4bfe65cfe518ffb3fd35362e512ef1.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/4d4bfe65cfe518ffb3fd35362e512ef1.html
研究分野 (1件): 薬系化学、創薬科学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2018 - 2021 革新的連続反応プロセスの開発を基盤とする高次構造天然物の合成研究
  • 2018 - 2020 二量体型中分子アルカロイドの高収束性合成を実現する革新的カップリング反応の開発
  • 2018 - 2020 生体模倣型フタロシアニン金属触媒の精密設計を基盤とする高難度空気酸化の開発と応用
  • 2014 - 2019 独創的骨格構築法と酸化反応の開発を基盤とする複雑なアルカロイドの全合成研究
  • 2016 - 2018 フタロシアニン金属触媒系の精密設計を基盤とする環境調和型酸化プロセスの開発と応用
全件表示
論文 (60件):
  • Tatsuki Utsumi, Kenta Noda, Daichi Kawauchi, Hirofumi Ueda, Hidetoshi Tokuyama. Nitrile Synthesis by Aerobic Oxidation of Primary Amines and in situ Generated Imines from Aldehydes and Ammonium Salt with Grubbs Catalyst. Advanced Synthesis & Catalysis. 2020
  • Yumi Yamashita, Louna Poignant, Juri Sakata, Hidetoshi Tokuyama. Divergent Total Syntheses of Isobatzellines A/B and Batzelline A. Organic Letters. 2020. 22
  • Juri Sakata, Kazunari Akita, Manabu Sato, Masashi Shimomura, Hidetoshi Tokuyama. Cyclic Sulfamidite as Simultaneous Protecting Group for Amino Alcohols: Development of a Mild Deprotection Protocol Using Thiophenol. Chemical and Pharmaceutical Bulletin. 2020. 68
  • Daichi Kawauchi, Kenta Noda, Yoshiyuki Komatsu, Kei Yoshida, Hirofumi Ueda, Hidetoshi Tokuyama. Aerobic Dehydrogenation of N-Heterocycles with Grubbs Catalyst: Its Application to Assisted-Tandem Catalysis to Construct N-Containing Fused Heteroarenes. Chemistry - A European Journal. 2020
  • Masashi Shimomura, Manabu Sato, Hiroki Azuma, Juri Sakata, Hidetoshi Tokuyama. Total Synthesis of (-)-Lepadiformine A via Radical Translocation-Cyclization Reaction. Organic Letters. 2020. 22. 9. 3313-3317
もっと見る
MISC (70件):
もっと見る
書籍 (17件):
  • Cutting-Edge Organic Synthesis and Chemical Biology of Bioactive Molecules
    Springer 2019 ISBN:9789811362439
  • CSJ Current Review 27 天然有機化合物の全合成 独創的なものづくりの反応と戦略
    化学同人 2018 ISBN:9784759813876
  • アルカロイドの科学
    化学同人 2017 ISBN:9784759814187
  • ジョーンズ有機化学(下)第5版
    東京化学同人 2016 ISBN:9784807908943
  • ジョーンズ有機化学(上)第5版
    東京化学同人 2016 ISBN:9784807908936
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • AgNTf2-Mediated Amination/Cyclization Cascade and Application to Total Synthesis of (+)-Pestalazine B
    (International Congress on Pure & Applied Chemistry 2018 2018)
  • 医薬品・電子材料で注目されるヘテロ環の化学
    (日本化学会産学交流委員会主催「化学技術基礎講座 製品開発に必要な有機合成化学の基礎」 2018)
  • Total Synthesis of (-)-Isoschizogamine via the Late-Stage C-H Functionalization
    (The 4th International Symposium on C-H Activation (ISCHA4) 2018)
  • 革新的カップリング反応の開発を基盤とする二量体型中分子アルカロイドの高効率全合成
    (新学術領域研究「中分子戦略」第6回成果報告会 2018)
  • フタロシアニン金属触媒を用いた生物活性物質の合成
    (新学術領域研究「精密制御反応場」第4回公開シンポジウム 2018)
学歴 (3件):
  • 1992 - 1994 東京工業大学 理工学研究科 博士課程
  • 1990 - 1992 東京工業大学 大学院理工学研究科 修士課程
  • 1986 - 1990 東京工業大学 理学部 化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京工業大学)
経歴 (8件):
  • 2006/05 - 現在 東北大学 教授
  • 2003/02 - 2006/04 東京大学 助教授
  • 2002/10 - 2006/03 JST さきがけ研究21「合成と制御」領域 研究者 兼任
  • 2001/04 - 2003/01 東京大学 講師
  • 1995/11 - 2001/03 東京大学 助手
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2020/03 - 現在 日本薬学会東北支部 副支部長
  • 2020/02 - 現在 有機合成化学協会東北支部 支部長
  • 2017/11 - 現在 日本学術会議 連携会員
  • 2016/06 - 現在 公益財団法人アステラス病態代謝研究会 理事 選考委員長
  • 2019/03 - 2020/02 日本薬学会東北支部 幹事
全件表示
受賞 (15件):
  • 2018/11 - International Congress on Pure & Applied Chemistry Langkawi, Symposium Award
  • 2017/11 - 第12回アジア先端有機化学国際会議 Lectureship Award (China)
  • 2015/08 - International Society of Heterocyclic Chemistry International Society of Heterocyclic Chemistry, Alan R. Katritzky Junior Award in Heterocyclic Chemistry
  • 2014/12 - 有機合成化学協会 有機合成化学協会企業冠賞(第一三共・創薬有機化学賞)
  • 2014/11 - 日本薬学会 日本薬学会学術振興賞
全件表示
所属学会 (3件):
有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る