研究者
J-GLOBAL ID:200901098419510201   更新日: 2020年06月09日

清水 優

シミズ マサル | Masaru Shimizu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 機械力学、メカトロニクス ,  ロボティクス、知能機械システム ,  知能ロボティクス ,  機械力学、メカトロニクス
研究キーワード (3件): レスキューロボット評価 ,  シミュレーション ,  レスキューロボット
論文 (6件):
  • SHIMIZU Masaru, TAKAHASHI Tomoichi. Databased Fluctuating Wi-Fi Signal Simulation Environment for Evaluating the Control of Robots. 知能と情報(Web). 2017. 29. 2. 567-573(J-STAGE)
  • 加藤央昌, 清水優. モーションデータの再利用性向上のためのロボットモーション実行基盤の機能拡張. 精密工学会誌(Web). 2017. 83. 5. 460-467(J-STAGE)
  • 清水 優, 高橋 友一. モデル化した不整地による評価フィールドを用いたレスキューロボットの動作・地図作成能力評価手法の提案. 知能と情報. 2014. 26. 3. 688-697
  • 沼田 宗敏, 清水 優, 舟橋 琢磨, 輿水 大和. レスキューロボット用カメラ画像からのリアルタイム直線検出法. 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society. 2010. 130. 11. 2039-2046
  • 藤田 克史, 片山 直美, 川合 剛, 清水 優, 荒木 和男. 高速・連続3次元計測装置に基づく3次元物体の領域分割および実在人物顔の3次元アニメーション. 画像電子学会誌. 1995. 24. 5. 567-575
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • A Review of Robot Rescue Simulation Platforms for Robotics Education
    (The 23th annual RoboCup International Symposium(RoboCup 2019 Symposium) 2019)
  • Survey of Rescue Competitions and Proposal of New Standard Task from Ordinary Tasks.
    (RoboCup 2018: Robot World Cup XXII [Montreal, QC, Canada, June 18-22, 2018]. 2018)
  • Proposal of simulation platform for robot operations with sound.
    (IEEE International Symposium on Safety, Security and Rescue Robotics, SSRR 2017, Shanghai, China, October 11-13, 2017 2017)
  • Standard Rescue Tasks Based on the Japan Virtual Robotics Challenge.
    (RoboCup 2016: Robot World Cup XX [Leipzig, Germany, June 30 - July 4, 2016] 2016)
  • Realistic simulation method of hammering test as an inspection task in simulation platform.
    (2016 IEEE International Symposium on Safety, Security, and Rescue Robotics, SSRR 2016, Lausanne, Switzerland, October 23-27, 2016 2016)
もっと見る
Works (4件):
  • ロボカップジャパンオープン北九州2006 レスキューロボットリーグ 出場( 結果3位/9チーム)
    2006 -
  • ロボカップ大阪2005 レスキューロボットリーグ 出場(結果:14位/25チーム)
    2005 -
  • ロボカップジャパンオープン大阪2004 レスキューロボットリーグ 出場( 結果3位/10チーム)
    2004 -
  • ロボカップジャパンオープン新潟2003 レスキューロボットリーグ 出場(結果4位)
    2003 -
学歴 (1件):
  • 1987 - 1991 名古屋工業大学 工学部 機械工学
学位 (1件):
  • 博士(情報科学) (中京大学)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 中京大学 教授
  • 2013/04 - 2019/03 中京大学 准教授
  • 2007/04 - 2013/03 中京大学 准教授
  • 2000/04 - 2007/03 中京大学 講師
  • 1991/04 - 2000/03 中京大学 助手
委員歴 (3件):
  • 2018/07 - 現在 RoboCup World Champion Ship Executive Committee of Rescue Virtual Robot League
  • 2010/06 - 現在 ロボカップジャパンオープン レスキューロボットリーグ実行委員
  • 2014/07 - 2018/06 RoboCup World Champion Ship Technical Committee of Rescue Virtual Robot League
受賞 (3件):
  • 2017/10 - IEEE International Symposium on Safety Security and Rescue Robotics(SSRR) 2017 Best Late Breaking Report Award Competition Task Development for Response Robot Innovation in World Robot Summit
  • 2017/07 - RoboCup 2017 Infrastructure Oeuvre Award Hinomiyagura:Proposal of robot new task using more human sensors in real environments
  • 2004 - ロボカップジャパンオープン大阪2004 計測自動制御学会賞(最優秀賞)
所属学会 (4件):
計測自動制御学会 ,  IEEE ,  日本ロボット学会 ,  情報処理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る