研究者
J-GLOBAL ID:200901098881429150   更新日: 2021年09月02日

上地 由朗

Kamiji Yoshiaki
論文 (23件):
MISC (15件):
  • 上地由朗. 農業高等学校意見文全国コンクールの歴代受賞題目および受賞者. 日本農業教育学会誌. 2015. 46. 2. 93-95
  • 上地 由朗. イネ~その生い立ちから生産まで~. 第19回みりん研究会講演要旨集. 2006
  • 上地由朗, 多数. 「田んぼの多面的機能をさぐる「谷戸田の価値を探る」」. 平成14年度東京農業大学プロジェクト研究成果報告. 2003
  • 片岡栄子, 上地由朗. 「桜の利用に関する研究」. 平成13年度東京農業大学短期大学部生活科学研究所総合プロジェクト研究報告. 2002
  • 上地由朗, 多数. 「田んぼの機能を探る」. 平成13年度東京農業大学プロジェクト研究成果報告. 2002
もっと見る
書籍 (13件):
  • 米の科学
    朝倉書店 2021
  • 現代農学概論
    朝倉書店 2018
  • かんがえる
    チャイルド社 2016
  • 花と野菜の育てかた 13 こくもつ イネ・トウモロコシ・ソバ
    ポプラ社 2016
  • 作物学追加用語リスト
    日本作物学会出版部 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (32件):
  • Nitrogen Stock and Farmer’s Behaviour to Produce High-quality Rice in Japan
    (The 65th Annual Conference of the Australasian Agricultural and Resource Economics Society 2021)
  • イネ栽培学習における担任教員の取り組みが子どもの食農意識に及ぼす影響
    (第78回日本農業教育学会大会 2020)
  • Effect of Nitrogen Stock on Rice Production in Japan
    (The 64th Annual Conference of the Australasian Agricultural and Resource Economics Society 2020)
  • 土壌窒素ストックの稲作生産に与える影響
    (日本作物学会第248階講演会 2019)
  • 総合的な学習の時間のイネ栽培学習が子どもの食農意識に及ぼす影響
    (2019)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る