研究者
J-GLOBAL ID:200901099352812530   更新日: 2020年06月08日

若松 純一

ワカマツ ジュンイチ | Wakamatsu Jun'ichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://lab.agr.hokudai.ac.jp/animproduct/foodsci/http://www.agr.hokudai.ac.jp/animproduct/meat/
研究分野 (4件): 動物生産科学 ,  動物生産科学 ,  食品科学 ,  家政学、生活科学
研究キーワード (17件): 食事誘発性体熱産生 ,  パルマハム ,  亜鉛プロトポルフィリンIX ,  食肉製品 ,  プロトポルフィリンIX ,  亜鉛 ,  色 ,  ヘム ,  筋原線維 ,  タンパク質 ,  食肉 ,  ペプチド ,  筋原線維タンパク質 ,  機能性物質 ,  食肉タンパク質 ,  食肉利用学 ,  食肉生化学
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2018 - 2019 食肉タンパク質の抗肥満および脂質代謝促進効果に関する研究(II)
  • 2016 - 2019 褐色脂肪組織の活性化に寄与する鶏肉・羊肉ペプチドの探索とその機構の解明
  • 2017 - 2018 食肉タンパク質の抗肥満および脂質代謝促進効果に関する研究
  • 2015 - 2016 ZnPP形成能を有する微生物の探索と応用
  • 2013 - 2015 国産赤身型牛肉である乳用種牛肉の輸入牛肉に対する差別化技術の開発
全件表示
論文 (17件):
  • Wakamatsu JI, Kawazoe H, Ohya M, Hayakawa T, Kumura H. Improving the color of meat products without adding nitrite/nitrate using high zinc protoporphyrin IX-forming microorganisms. Meat science. 2019. 161. 107989
  • Kumura Haruto, Satoh Megumi, Machiya Taiki, Hosono Makoto, Hayakawa Toru, Wakamatsu Jun-Ichi. Lipase and protease production of dairy Penicillium sp. on milk-protein-based solid substrates. INTERNATIONAL JOURNAL OF DAIRY TECHNOLOGY. 2019. 72. 3. 403-408
  • Akter M, Shiraishi A, Kumura H, Hayakawa T, Wakamatsu JI. Investigation of contributors to zinc protoporphyrin IX formation at optimum pH 5.5 in pork. Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho. 2019. 90. 6. 774-780
  • Jun-ichi Wakamatsu, Mofassara Akter, Fumika Honma, Toru Hayakawa, Haruto Kumura, Takanori Nishimura. Optimal pH of zinc protoporphyrin IX formation in porcine muscles: Effects of muscle fiber type and myoglobin content. LWT. 2019. 101. 599
  • Kumura H, Ohtsuyama T, Matsusaki Y.-H, Taitoh M, Koyanagi H, Kobayashi K, Hayakawa T, Wakamatsu J.-I, Ishizuka S. Application of red pigment producing edible fungi for development of a novel type of functional cheese. Journal of Food Processing and Preservation. 2018. 42. 10
もっと見る
MISC (160件):
  • 王鴻誠, 尾崎あかり, 早川徹, 玖村朗人, 若松純一. パルマハムにおけるダークスポットの特性. 食肉の科学. 2019. 60. 1. 140
  • 窪野佑, 早川徹, 若松純一, 玖村朗人. L-ヒスチジンは低塩濃度条件下の天然アクトミオシンの加熱ゲル形成を抑制する. 食肉の科学. 2019. 60. 1. 140
  • 尾崎あかり, 早川徹, 玖村朗人, 若松純一. 小型乾塩漬ハムにおける亜鉛プロトボルフィリンIXの形成様相の観察. 日本畜産学会大会講演要旨. 2019. 125th. 203
  • 窪野佑, 若松純一, 玖村朗人, 早川徹. L-ヒスチジンは低塩濃度条件下の天然アクトミオシンの加熱ゲル形成を抑制する. 日本畜産学会大会講演要旨. 2019. 125th. 203
  • 王鴻誠, 尾崎あかり, 早川徹, 玖村朗人, 若松純一. パルマハムにおけるダークスポットの特性. 日本畜産学会大会講演要旨. 2019. 125th. 202
もっと見る
特許 (18件):
書籍 (14件):
  • 乳肉卵の機能と利用
    アイ・ケイコーポレーション 2018 ISBN:9784874923542
  • 肉の機能と科学
    朝倉出版 2015 ISBN:9784254435504
  • Frontiers of Agricultural Science
    Shoukadoh Book Sellers 2015
  • 最新 畜産ハンドブック
    講談社 2014 ISBN:9784061537392
  • 畜産物利用学
    文永堂出版 2011 ISBN:9784830041211
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • 肉のかたさを科学的に考えてみよう!
    (北海道食文化研究会第7回セミナー 2018)
  • 肉を食べたい! 微生物の戦いと葛藤
    (北海道食文化研究会第4回セミナー 2017)
  • 体を温める食肉、冷やす食肉
    (第71回日本栄養・食糧学会大会 シンポジウム「 Meet the World of Meat! ~食肉のおいしさ・機能性・遺伝子制御の新展開~ 」 2017)
  • 肉の発酵と熟成
    (第二回「食と健康の達人」拠点シンポジウム北海道の発酵~ワインと食~ 2016)
  • 発色剤無添加食肉製品であるパルマハム中の新規色素,亜鉛プロトポルフィリンIXについて
    (日本畜産学会大会講演要旨 2014)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1992 - 1994 北海道大学大学院 農学研究科 畜産学専攻
  • 1986 - 1992 北海道大学 農学部 畜産学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (北海道大学)
経歴 (5件):
  • 2013/01 - 現在 北海道大学 准教授
  • 2012/07 - 2012/12 北海道大学大学院農学研究院 准教授
  • 2007/04 - 2012/06 北海道大学大学院農学研究院 助教
  • 2002/05 - 2007/03 北海道大学大学院農学研究科 助手
  • 1994/04 - 2002/05 伊藤ハム株式会社中央研究所 研究員
委員歴 (10件):
  • 2015/04 - 現在 日本食肉研究会 広報委員
  • 2015/04 - 現在 日本食肉研究会 常任幹事
  • 2015/04 - 現在 日本食肉研究会 評議員
  • 2015 - 現在 日本畜産学会 機関紙編集委員
  • 2017/10 - 2019/03 北海道環境生活部 エゾシカわな捕獲技術等検討会委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2016/06 - 公益財団法人伊藤記念財団 第1回伊藤記念財団賞
  • 2008 - 畜産技術協会賞
所属学会 (4件):
北海道畜産草地学会 ,  日本栄養・食糧学会 ,  日本食肉研究会 ,  日本畜産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る