機関
J-GLOBAL ID:200905020773209867   機関コード:2434003000 更新日: 2020年06月11日

朝日大学 歯学部

アサヒダイガク シガクブ, Asahi University School of Dentistry
代表者: 学部長 田村康夫
設立年: 1971
住所: 〒501-0296 岐阜県瑞穂市穂積1851
電話番号: 058-329-1073
FAX番号: 058-329-1069
機構・研究部門名 (1件):
  • 4,附属病院、附属村上記念病院、歯科臨床研究所、口腔科学共同研究所
沿革 (2件):
  • 1971/04
    岐阜歯科大学開設
  • 1985/04
    岐阜歯科大学から朝日大学に校名変更
設置目的:
歯学部の教育目標は、建学の精神にのっとり、高い倫理観と人間に対する
深い洞察を身に付けつつ、専門知識および専門技術を修得することによって、
地域にとどまらず、国際社会にも通用する歯科医師を育成することである。
事業概要:
この目標を達成するために、基礎教育系、専門教育系および臨床教育系に
よって構成された6年一貫の系統教育を採用している。
基礎教育系では、広い視野、確かな視点でますます複雑化していく社会情勢
に対応できる幅広い知識と歯科医師としての教養を身につけさせることを目的
とした科目を置き、対話型講議形態の基礎ゼミや、アーリーエクスポージャー
の実践として病院見学などによる早期体験学習を行い、歯科医学を学習してい
く上で必要な基礎学力の向上と豊かな人間性の涵養を目指している。
専門教育系では、基礎歯学科目と臨床歯学科目の連携を重視してカリキュラ
ムを編成し、歯科臨床並びに全身医学に密接に関連した歯科医学教育の実践を
最終目標とした教育を系統的に行っている。また、学生の学習到達度について
は、2005年度から本格実施が予定されている共用試験などにより、客観的に
評価する。
臨床教育系では、診療参加型臨床実習を通じ、インフォームド・コンセント
の能力を養うとともに、学生が医療チームの一員として指導医のもと、診療
業務を分担しながら、知識、思考法、技能、態度の基本的な事項や医療スタッフ
とのチームワークの重要性を学ぶ。
また、安全管理能力や危機管理能力の向上をはかり、医療事故の防止や的確な
感染対策の知識を体得する。
さらに、進歩の著しい歯科医学・医療に関する技術・機器の発達に応じ、
常に最新の教育研究に努め、1993年には、我が国初めての歯科臨床実習用の
デジタルシミュレーターを設置し、臨床実習生を対象にシミュレーション教育
を行っている。また、2002年には、ITなどによる新しい教育体系に対応する
べく、160台のコンピュータを導入したITルームを設置している。
上位組織 (2件):
下位組織 (6件):
  • 口腔細菌学講座
  • 視聴覚教育施設
  • 歯学補綴学講座
  • 口腔感染医療学講座 歯科薬理学分野
  • 歯周病学講座
もっと見る

前のページに戻る