研究者
J-GLOBAL ID:201001056268337550   更新日: 2020年06月03日

田村 倫子

Tamura Tomoko
論文 (18件):
  • Tomoko Tamura, Sayuri Akuzawa, Kiyoshi Mura. Gene expression profiling in short-term imbibition of wheat: tools for dissecting of pasting properties of imbibed wheat Seeds. Journal of Food Science. 2019. 84
  • Yuh Shiwa, Yu Kanesaki, Taichiro Ishige, Kiyoshi Mura, Taichi Hori, Tomoko Tamura. Draft genome sequence of Zygosaccharomyces mellis CA-7, isolated from honey. Microbiology Resource Announcements. 2019. 8
  • Keiko Midorikawa, Masaharu Kuroda, Haruyuki Yamashita, Tomoko Tamura, Keiko Abe, Tomiko Asakura. Oryza sativa Brittle Culm 1-like 6 modulates β-glucan levels in the endosperm cell wall. PLOS ONE. 2019. 14
  • Ryushi Ebisawa, Tomoko Tamura, Megumi Ozawa, Kiyoshi Mura, corresponding author. Comparison of the antioxidant activities between the proanthocyanidin of a different degree of polymerization from peanut skin. Food Preservation Science. 2015. 41. 1
  • Tomoko TAMURA, Asuka KAMEI, Reiko UEDA, Soichi ARAI, Kiyoshi MURA. Characterizing the Quality of Imbibed Soybean at an Early Stage of Pregermination for Development of a New Protein Food Item. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 2014
もっと見る
MISC (5件):
  • 朝倉富子, 田村倫子, 舟木淳子. 種実由来のプロテアーゼを用いた高齢者向け多機能食品の開発. 浦上財団研究報告書. 2010. 17. 1-5
  • 朝倉富子, 田村倫子, 寺内かえで. β-コングリシニン高生産/グリシニン欠失ダイズ種子におけるたん白質合成・分解ダイナミズムの検証. 大豆たん白質研究. 2009. 12. 51-57
  • 西の明瑞穂, 渡邉智美, 田村倫子, 江頭和佳子, 朝倉富子, 舟木淳子. β-グルコシダーゼの食品加工への利用のための基礎的研究. 福岡女子大学人間環境学部紀要. 2009. 40. 1-5
  • 朝倉富子, 田村倫子, 寺内かえで, 阿部啓子. 植物のアスパラギン酸プロテアーゼ -その多様性と機能-. 化学と生物. 2008. 46. 702-209
  • 寺内かえで, 田村倫子. ヒトゲノムプロジェクト -その技術と政治-. 広島工業大学紀要. 2007. 42. 237-245
書籍 (2件):
  • 食べ物と健康-食品学
    光生館 2013
  • 食べ物と健康 (食物と栄養学基礎シリーズ4)
    学文社 2012
講演・口頭発表等 (22件):
  • 蜂蜜酵母Zygosaccharomyces mellisの高糖度耐性遺伝子の探索
    (日本農芸化学会 2016)
  • 重合度の異なるラッカセイ種皮プロシアニジンの糖吸収抑制作用
    (日本食品科学工学会 第61回大会 2014)
  • 小麦のポストハーベスト品質を向上させる短時間吸水の効果
    (日本食品科学工学会平成26年度関東支部大会 2014)
  • 熟期イネ種子の遺伝子発現に及ぼす追肥の影響
    (日本農芸化学会 2013)
  • ラッカセイ種皮ポリフェノールの<i>Bacillus cereus</i>に対する抗菌作用の検証
    (日本農芸化学会 2013)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る