研究者
J-GLOBAL ID:201001069791945584   更新日: 2020年09月01日

髙地 リベカ

タカチ リベカ | Takachi Ribeka
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (7件): 家政学、生活科学 ,  医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学
研究キーワード (8件): 介入研究 ,  減塩 ,  食事評価システム開発 ,  栄養疫学 ,  intervention study ,  dietary salt intake reduction ,  Development of automated self-administered dietary assessment system ,  Nutritional Epidemiology
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2018 - 2022 写真法で客観測定した食事時刻・栄養摂取とサーカディアンリズムに関する疫学研究
  • 2018 - 2022 二重標識水法を活用した料理ベースICT食事調査システムの精度の検討
  • 2016 - 2019 日本人におけるがんの原因の寄与度:最新推計と将来予測
  • 2015 - 2019 新たな食生活評価システムの大規模疫学研究への導入と活用に関する研究
  • 2015 - 2018 日本人の食生活様式に適した再現可能な減塩方法を提示する無作為化比較試験
全件表示
論文 (69件):
  • Calistus Wilunda, Norie Sawada, Atsushi Goto, Taiki Yamaji, Ribeka Takachi, Junko Ishihara, Nagisa Mori, Ayaka Kotemori, Motoki Iwasaki, Shoichiro Tsugane. Associations between changes in fruit and vegetable consumption and weight change in Japanese adults. European journal of nutrition. 2020
  • Aleksandr Solovev, Yumi Watanabe, Kaori Kitamura, Akemi Takahashi, Ryosaku Kobayashi, Toshiko Saito, Ribeka Takachi, Keiko Kabasawa, Rieko Oshiki, Kseniia Platonova, et al. Total physical activity and risk of chronic low back and knee pain in middle-aged and elderly Japanese people: The Murakami cohort study. European journal of pain (London, England). 2020. 24. 4. 863-872
  • Yoko Yamagiwa, Norie Sawada, Taichi Shimazu, Taiki Yamaji, Atsushi Goto, Ribeka Takachi, Junko Ishihara, Motoki Iwasaki, Manami Inoue, Shoichiro Tsugane. Soy food intake and pancreatic cancer risk: The Japan Public Health Center-based Prospective Study. Cancer epidemiology, biomarkers & prevention : a publication of the American Association for Cancer Research, cosponsored by the American Society of Preventive Oncology. 2020
  • Kumiko Kito, Junko Ishihara, Junpei Yamamoto, Takayuki Hosoda, Ayaka Kotemori, Ribeka Takachi, Kazutoshi Nakamura, Junta Tanaka, Taiki Yamaji, Taichi Shimazu, et al. Variations in the estimated intake of acrylamide from food in the Japanese population. Nutrition journal. 2020. 19. 1. 17-17
  • Sanjeev Budhathoki, Motoki Iwasaki, Taiki Yamaji, Gerson S Hamada, Nelson T Miyajima, Jose C Zampieri, Sangita Sharma, Mohammadreza Pakseresht, Fariba Kolahdooz, Junko Ishihara, et al. Doneness preferences, meat and meat-derived heterocyclic amines intake, and N-acetyltransferase 2 polymorphisms: association with colorectal adenoma in Japanese Brazilians. European journal of cancer prevention : the official journal of the European Cancer Prevention Organisation (ECP). 2020. 29. 1. 7-14
もっと見る
MISC (41件):
  • 石原淳子, 高地リベカ. 栄養疫学における食事評価の現状と課題~集団の疾病予防エビデンスづくりの視点から~(日本疫学会から). 栄養学雑誌. 2018. 76. 5 Supplement. 82
  • 森 渚, 島津 太一, 武藤 倫弘, 澤田 典絵, 岩崎 基, 山地 太樹, 井上 真奈美, 後藤 温, 高地 リベカ, 石原 淳子, et al. アブラナ科野菜摂取と全死亡およびがん死亡リスクとの関連(Association of cruciferous vegetable intake and all cause and cancer mortality among Japanese: the JPHC study). 日本癌学会総会記事. 2018. 77回. 1243-1243
  • 石原 淳子, 高地 リベカ. 日本人の食生活と生活習慣病 日本人の食生活に適した減塩のポピュレーション戦略の模索. New Diet Therapy. 2018. 34. 2. 144-144
  • 金原里恵子, 金原里恵子, 後藤温, 砂見綾香, 森渚, 中村有里, 澤田典絵, 石原淳子, 石原淳子, 高地リベカ, et al. 食物摂取頻度調査票による単純糖質摂取量の妥当性および再現性に関する研究. 日本疫学会学術総会講演集(Web). 2018. 28th. 103 (WEB ONLY)
  • 松本麻由佳, 丸谷幸子, 西本侑加, 加藤祐子, 中舘美佐子, 高地リベカ, 石原淳子. 簡易チェックシートによる食塩摂取量スクリーニングの妥当性. 日本疫学会学術総会講演集(Web). 2018. 28th. 103 (WEB ONLY)
もっと見る
書籍 (2件):
  • コンパクト公衆栄養学第3版
    朝倉書店 2016
  • 公衆栄養学実習
    建帛社 2012 ISBN:9784767904689
講演・口頭発表等 (81件):
  • Estimation of Sugar Intake and Validation Study for a Self-Administered Food Frequency Questionnaire Using Urinary Sugar in Middle-Aged Japanese Adults.
    (Nutrients 2019 - Nutritional Advances in the Prevention and Management of Chronic Disease 2019)
  • Detect and Quantify Sources of Variability in Metabolite Measurement in a Japanese population
    (2019 Metabolomics Conference, 15th Annual Conference of the Metabolomics Society 2019)
  • 家庭調味モニタリングまたは低塩調味料による減塩効果の検討のための無作為化比較試験.
    (第29回日本疫学会学術総会 2019)
  • 果物・野菜摂取と膵がん罹患の関連の検討:多目的コホート研究.
    (第29回日本疫学会学術総会 2019)
  • 簡易型質問票による食塩摂取量スクリーニングの妥当性
    (第28回日本疫学会学術総会 2018)
もっと見る
Works (1件):
  • 多目的コホートに基づくがん予防など健康の維持・増進に役立つエビデンスの構築に関する研究-次世代コホート(新潟県地域)における栄養摂取量把握の妥当性に関する研究
    2012 -
学歴 (6件):
  • - 2009 東北大学 医科学専攻
  • - 2009 東北大学
  • - 2005 東京農業大学 食品栄養学専攻
  • - 2005 東京農業大学
  • - 1994 東京農業大学 栄養学科
全件表示
学位 (2件):
  • 修士(食品栄養学) (東京農業大学)
  • 博士(医学) (東北大学)
受賞 (2件):
  • 2015 - 優秀演題
  • 2009 - 奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る