研究者
J-GLOBAL ID:201301024085045609   更新日: 2022年01月12日

熊谷 祐也

Kumagai Yuya
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 水圏生命科学
研究キーワード (3件): タンパク質工学 ,  酵素利用 ,  紅藻類
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2021 - 2022 ホタテガイ外套膜ペプチドの定量技術に関する研究
  • 2021 - 2022 陸上栽培による 海藻 の次世代タンパク質化および高機能 性 評価システムの構築
  • 2021 - 2022 塩ストレスによる紅藻類の食味改善物質の同定と機構に関する研究
  • 2021 - 2022 北方系紅藻の陸上栽培に関する研究事業
  • 2020 - 2021 紫外線防御物質に着目したナマコ種苗の育成および飼料改善
全件表示
論文 (51件):
  • Sakonwat Kuepethkaew, Yi Zhang, Hideki Kishimura, Yuya Kumagai, Benjamin K. Simpson, Soottawat Benjakul, Srinivasan Damodaran, Sappasith Klomklao. Enzymological characteristics of pepsinogens and pepsins purified from lizardfish (Saurida micropectoralis) stomach. Food Chemistry. 2022. 366. 130532-130532
  • Yuki Fujii, Manami Kobayashi, Yoshikatsu Miyabe, Hideki Kishimura, Tadashi Hatanaka, Yuya Kumagai. Preparation of β(1→3)/β(1→4) xylooligosaccharides from red alga dulse by two xylanases from Streptomyces thermogriseus. Bioresources and Bioprocessing. 2021. 8. 1. 38
  • Yuki Nishida, Yoshikatsu Miyabe, Hideki Kishimura, Yuya Kumagai. Monthly Variation and Ultraviolet Stability of Mycosporine-like Amino Acids from Red Alga Dulse Palmaria palmata in Japan. Phycology. 2021. 1. 2. 119-128
  • 宮部好克, 落合瞳子, 熊谷祐也, 岸村栄毅. 水産加工食品のω3脂肪酸残存率に及ぼす製造条件の影響. 日本調理科学会誌. 2021
  • Yukiho Sasaoka, Taichi Takagi, Shunta Michiba, Yohei Yamamoto, Yuya Kumagai, Hideki Kishimura. Study on the Mechanism of the Blood-Glucose-Lowering Effect of Collagen Peptides from Sturgeon By-Products. Marine Drugs. 2021. 19. 10. 584-584
もっと見る
MISC (15件):
もっと見る
特許 (1件):
  • コムギのゲノム編集方法、及びその利用
書籍 (1件):
  • Mycosporine-Like Amino Acids from Marine Resource
    Marine Drugs, Multidiciplinary Digital Publishing Institute(MDPI) 2021
講演・口頭発表等 (37件):
  • ダルスが腸に届くまで
    (HAKODATEアカデミックリンク2021 2021)
  • 海藻のヌメヌメ成分「フコイダン」の最大Maxパワー力を生かすために
    (HAKODATEアカデミクリンク2021 2021)
  • 季節変動から紐解くダルス「MAAs」産業利用への試み
    (HAKODATEアカデミックリンク2021 2021)
  • 紅藻ツルシラモ由来フィコエリスリン の構造・機能特性
    (令和3年度 日本水産学会秋季大会 2021)
  • 紅藻ダルス由来β-(1→3)/β-(1→4)キシランの 腸内細菌増殖作用の検討
    (令和3年度 日本水産学会秋季大会 2021)
もっと見る
Works (6件):
  • 生産プロセス工学実習(連続蒸留理論・冷凍工学理論)【実験動画】
    岸村栄毅, 熊谷祐也 2021 - 現在
  • 低利用資源・紅藻から新たなオリゴ糖調製法の開発2
    岸村栄毅, 熊谷祐也 2021 - 現在
  • アカデミックリンク2020・紅藻ダルスへの質問・ご意見
    熊谷祐也 2021 - 現在
  • 低利用資源・紅藻中の健康機能成分の探索
    岸村栄毅, 熊谷祐也 2021 - 現在
  • 低利用資源・紅藻から新たなオリゴ糖調製法の開発
    岸村栄毅, 熊谷祐也 2021 - 現在
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2005 - 2010 北海道大学 海洋応用生命科学専攻
  • 2001 - 2005 北海道大学 海洋生物資源化学科
学位 (1件):
  • 博士(水産科学) (北海道大学)
経歴 (1件):
  • 2018 - 現在 北海道大学 水産科学研究院 助教
委員歴 (4件):
  • 2021/12 - 現在 Guest Editor of the Special Issue "Advances in Oligosaccharides and Polysaccharide Modifications in Marine Bioresources" Marine Drugs
  • 2021/07 - 現在 Frontiers in Bioengineering and Biotechnology Application of Biotechnology on the High-Value Development of Marine Bioresource Guest Associate Editor
  • 2021/01 - 現在 Phycology (ISSN: 2673-9410) Editorial Board
  • 2020/07 - 2021/10 Marine Drugs (ISSN 1660-3397) Guest Editor of the Special Issue "Bioactive Peptides from Marine By-Products and Underused Marine Organisms"
受賞 (9件):
  • 2021/12 - キャンパス・コンソーシアム函館 ブースセッション『大賞』 海藻のヌメヌメ成分「フコイダン」の最大Maxパワー力を生かすために
  • 2021/12 - キャンパス・コンソーシアム函館 ステージセッション『優秀賞 (産学連携「クリエイティブネットワーク」賞) 』 季節変動から紐解くダルス「MAAs」産業利用への試み
  • 2020/11 - キャンパス・コンソーシアム函館 ブースセッション『優秀賞』 ダルスで腸を元気にする!
  • 2020/11 - キャンパス・コンソーシアム函館 ブースセッション『優秀賞』 ミッション!低利用海藻に眠るお宝「MAAs」を可能な限り手に入れよ!
  • 2020/11 - Food Society of Modern International Lifestyle Education Good Oral Award Efficient Extraction and Monthly Variation of Mycosporine-like Amino Acids from Red Alga Dulse in Japan
全件表示
所属学会 (3件):
日本水産学会 ,  日本生物工学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る