研究者
J-GLOBAL ID:201601004976964453   更新日: 2021年10月25日

大塚 まき

オオツカ マキ | Otsuka-Ideta Maky
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 分子生物学
研究キーワード (4件): 毒性 ,  エピジェネ毒性 ,  分子生物 ,  エピジェネティクス
論文 (21件):
  • Maky Ideta-Otsuka, Misato Miyai, Naoki Yamamoto, Ayaka Tsuchimoto, Hideki Tamura, Kentaro Tanemura, Makoto Shibutani, Katsuhide Igarashi. Development of a new in vitro assay system for evaluating the effects of chemicals on DNA methylation. J. Toxicol. Sci. 2021. 46. 2. 83-90
  • Shunzo Ikarashi, Atsunori Tsuchiya, Yuzo Kawata, Yuichi Kojima, Takayuki Watanabe, Suguru Takeuchi, Katsuhide Igarashi, Maky Ideta-Otsuka, Katsuyuki Oki, Masaaki Takamura, et al. Effects of Human Adipose Tissue-Derived and Umbilical Cord Tissue-Derived Mesenchymal Stem Cells in a Dextran Sulfate Sodium-Induced Mouse Model. Biores. 2019. 8. 1. 185-199
  • Yousuke Watanabe, Hajime Abe, Kota Nakajima, Maky Ideta-Otsuka, Katsuhide Igarashi, Gye-Hyeong Woo, Toshinori Yoshida, Makoto Shibutani. Aberrant epigenetic gene regulation in GABAergic interneuron subpopulations in the hippocampal dentate gyrus of mouse offspring following developmental exposure to hexachlorophene. Toxicological Sciences. 2018. 163. 1. 13-25
  • Kazuya Sakai, Maky Ideta-Otsuka, Hirokatsu Saito, Yuki Hiradate, Kenshiro Hara, Katsuhide Igarashi, Kentaro Tanemura. Effects of doxorubicin on sperm DNA methylation in mouse models of testicular toxicity. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS. 2018. 498. 3. 674-679
  • Link between the causative genes of holoprosencephaly: Zic2 directly regulates Tgif1 expression. Sci Rep. 2018. 1. 8(1). 2140
もっと見る
MISC (5件):
  • 酒井 和哉, 大塚 まき, 斉藤 洋克, 平舘 裕希, 原 健士朗, 五十嵐 勝秀, 種村 健太郎. 精子エピゲノムを用いた早期精巣毒性バイオマーカーの探索. The Journal of Reproduction and Development. 2019. 65. Suppl. j59-j59
  • 種村健太郎, 五十嵐勝秀, 古川佑介, 大塚まき, 白形芳樹, 相崎健一, 北嶋聡, 佐藤英明, 菅野純. 発生~発達期マウスへの低用量ビスフェノールA暴露による遅発中枢影響解析. J Toxicol Sci. 2013. 38. Supplement. S259
  • 五十嵐 勝秀, 種村 健太郎, 古川 佑介, 大塚 まき, 森山 紀子, 相崎 健一, 北嶋 聡, 菅野 純. 脳発達期におけるGABAシグナルの一過性活性化による遅発中枢神経系影響の解析. The Journal of Toxicological Sciences. 2013. 38. Suppl. S331-S331
  • 種村 健太郎, 五十嵐 勝秀, 古川 佑介, 大塚 まき, 白形 芳樹, 相崎 健一, 北嶋 聡, 佐藤 英明, 菅野 純. 発生~発達期マウスへの低用量ビスフェノールA暴露による遅発中枢影響解析. 日本毒性学会学術年会. 2013. 40. 0. S259-S259
  • 種村 健太郎, 古川 佑介, 大塚 まき, 五十嵐 勝秀, 相崎 健一, 北嶋 聡, 佐藤 英明, 菅野 純. 子どもの毒性学 発生-発達期の神経シグナルかく乱による遅発中枢影響解析 幼若期マウスへのイボテン酸投与による成熟期の脳高次機能障害について. The Journal of Toxicological Sciences. 2012. 37. Suppl.1. S47-S47
学歴 (2件):
  • 2021 - 東北大学大学院 農学研究科 博士課程後期 博士(農学)取得
  • 2002 - 東京農業大学大学院 農学研究科 国際農業開発学専攻 修士課程 修了
学位 (1件):
  • 農学博士 (東北大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る