研究者
J-GLOBAL ID:201601005676413940   更新日: 2021年05月24日

坪田 隆宏

Tsubota Takahiro
所属機関・部署:
職名: 特任講師
研究分野 (1件): 土木計画学、交通工学
研究キーワード (4件): 交通安全 ,  舗装工学 ,  交通シミュレーション ,  交通工学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2021 - 2024 特殊車両の折進可否判定の自動化と特車フリー道路ネットワーク計画手法の研究開発
  • 2021 - 2024 ネットワーク交通流ブレイクダウン予測手法の開発
  • 2020 - 2022 ディープラーニングによる交通事故リスク予測モデルの開発
  • 2019 - 2020 ディープラーニングによる高速道路ネット ワーク安全性評価モデルの開発
  • 2017 - 2019 グラフィカルモデルを用いた運転馴化状態の検出手法
論文 (34件):
もっと見る
MISC (1件):
  • 坪田 隆宏, 吉井 稔雄, 原田 日郎, 神野 裕昭. 一般道における路線QV式を用いた速度推定モデル. 交通工学研究発表会論文集. 2017. 37. 87-92
書籍 (3件):
  • International Encyclopedia of Transportation
    Elsevier 2021
  • International Encyclopedia of Transportation
    Elsevier 2021
  • New Developments in Transport Planning - Advances in Dynamic Traffic Assignment
    Edward Elgar Publishing 2010
講演・口頭発表等 (48件):
  • 夜間走行時におけるドライバーの慣性転換効果分析
    (第18回ITSシンポジウム2020)
  • 首都高速道路におけるAIを用いたオンライン事故リスク算定モデルの構築と活用可能性の検証
    (第18回ITSシンポジウム2020)
  • AI を用いたネットワーク交通流ブレイクダウン発現予測モデル
    (第18回ITSシンポジウム2020)
  • 交互作用項の多重共線性が ANN モデルのパフォーマンスに及ぼす影響
    (第18回ITSシンポジウム2020)
  • 一般道路を対象とした 路面性状と交 通事故リスクの関係分析
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2010 - 2014 Queensland University of Technology Smart Transport Research Centre
  • 2006 - 2008 東京大学大学院 社会基盤学専攻
  • 2002 - 2006 東京大学 社会基盤学科
学位 (1件):
  • PhD (Queensland University of Technology)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 愛媛大学 工学部 特任講師
  • 2016/04 - 2019/03 愛媛大学 工学部 助教
  • 2016/03 - 2016/03 株式会社交通システム研究所
  • 2014/05 - 2015/12 Queensland University of Technology Smart Transport Research Centre
  • 2008/04 - 2010/06 パシフィックコンサルタンツ株式会社
委員歴 (9件):
  • 2021/06 - 現在 土木学会 土木計画学学術小委員会 委員
  • 2021/04 - 現在 日本交通管理技術協会 プローブ情報を活用した信号制御方式にkナンする調査研究委員会 オブザーバ
  • 2021/04 - 現在 交通工学研究会 JSTEシンポジウム運営小委員会 幹事
  • 2020/12 - 現在 日本都市計画学会 学術研究論文発表会支部実行委員会
  • 2019 - 現在 交通工学研究会 査読委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2020 - 交通工学研究会 安全の泉賞 交通事故の影響によるMFD形状変化分析
所属学会 (4件):
World Conference on Transport Research (WCTR) ,  日本都市計画学会 ,  土木学会 ,  交通工学研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る