{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702253506975479   整理番号:17A0150839

えでゅーすぼーど:タンジブル箱庭人形劇による授業シミュレーション支援システム

著者 (8件):
資料名:
巻: 18  号: 1-4  ページ: 195-207  発行年: 2016年02月25日
JST資料番号: L3614B  ISSN: 2186-828X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
近年,教育現場では児童生徒の問いや学びを引き出すファシリテータとしての役割が教師に求められるようになっており,教師には授業全体を対話的な場として作り上げていく力が必要になっている。そのための訓練として,教員養成の場では模擬授業や,10分程度の短い時間で行うロールプレイの一種であるマイクロティーチング(MT)が行われている。本稿では,MTや模擬授業等に関する先行研究について紹介し,教師・児童生徒のコミュニケーションの十全な演技を促すための箱庭人形劇の仕組みを活用したMTのための協調学習環境における授業シミュレーション・振り返り支援システム「えでゅーすぼーど(EB)」を開発した。具体的には,まず,システムに必要な技術要件(オープンな環境における即興的人形劇の実現,人形・構造物の位置の把握,振り返り支援など)を述べ,「えでゅーすぼーど(EB)」の概要を紹介し,実装上の特徴として,人形・構造物の位置の把握,非言語コミュニケーションの表現・記録,発話の記録と振り返り支援等を挙げて説明した。さらに,EBを授業シミュレーションに用いて,参加者がどの程度多様な生徒の声を想定し,その役割を実践できるかを評価した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
CAI  ,  人間機械系 
引用文献 (34件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る