研究者
J-GLOBAL ID:201801001904021070   更新日: 2020年10月14日

矢野 大和

ヤノ ヒロカズ | Yano Hirokazu
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (4件): 進化生物学 ,  ゲノム生物学 ,  細菌学 ,  応用微生物学
研究キーワード (9件): 制限修飾系 ,  遺伝的組換え ,  抗酸菌 ,  遺伝子水平伝播 ,  プラスミド ,  トランスポゾン ,  ゲノム ,  系統進化 ,  細菌
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2021 有性生殖を介した抗酸菌進化モデルの実験と集団ゲノミクスによる検証
  • 2015 - 2018 エピゲノム駆動進化に倣う微生物育種
論文 (34件):
  • Shinnosuke Inaba, Hironori Sakai, Hiromi Kato, Takayuki Horiuchi, Hirokazu Yano, Yoshiyuki Ohtsubo, Masataka Tsuda, Yuji Nagata. Expression of an alcohol dehydrogenase gene in a heterotrophic bacterium induces carbon dioxide-dependent high-yield growth under oligotrophic conditions. Microbiology (Reading, England). 2020
  • Stalder T, Cornwell B, Lacroix J, Kohler B, Dixon S, Yano H, Kerr B, Forney LJ, Top EM. Evolving populations in biofilms contain more persistent plasmids. Molecular Biology and Evolution. 2020
  • Hirokazu Yano, Md Zobaidul Alam, Emiko Rimbara, Tomoko F Shibata, Masaki Fukuyo, Yoshikazu Furuta, Tomoaki Nishiyama, Shuji Shigenobu, Mitsuyasu Hasebe, Atsushi Toyoda, et al. Networking and Specificity-Changing DNA Methyltransferases in Helicobacter pylori. Frontiers in microbiology. 2020. 11. 1628-1628
  • Yano H, Suzuki H, Maruyama F, Iwamoto T. The recombination-cold region as an epidemiological marker of recombinogenic opportunistic pathogen Mycobacterium avium. BMC Genomics. 2019. 20. 752
  • Kentaro Arikawa, Tomoaki Ichijo, Satomi Nakajima, Yukiko Nishiuchi, Hirokazu Yano, Aki Tamaru, Shiomi Yoshida, Fumito Maruyama, Atsushi Ota, Masao Nasu, et al. Genetic relatedness of Mycobacterium avium subsp. hominissuis isolates from bathrooms of healthy volunteers, rivers, and soils in Japan with human clinical isolates from different geographical areas. Infection, genetics and evolution : journal of molecular epidemiology and evolutionary genetics in infectious diseases. 2019. 74. 103923-103923
もっと見る
MISC (18件):
  • 矢野大和, 丸山史人, 西内由紀子, 岩本朋忠. 肺MAC症原因菌Mycobacterium aviumの地域多様化. 第93回日本細菌学会総会 抄録集. 2020
  • 仁平賢, 山本 達也, 平野 彰大, 野村 暢彦, 永田 裕二, 矢野 大和. 微生物はなぜ群れを作るのか?平板培地実験進化系を用いたBQHの検証. 日本微生物生態学会 第33回大会 プログラム集. 2019
  • 矢野大和. 肺MAC症原因菌Mycobacterium aviumのゲノム疫学. 第73回日本細菌学会東北支部総会 抄録集. 2019
  • Hirokazu Yano, Fumito Maruyama, Tomotada Iwamoto. Population evolution of recombinogenic opportunistic pathogen Mycobacterium avium. 第92回日本細菌学会総会 抄録集. 2019
  • 福世真樹, 矢野大和, 矢野大和, 矢原耕史, 今野武津子, 柴田朋子, 柴田朋子, 重信秀治, 内山郁夫, 小林一三, et al. DNAメチル化酵素遺伝子の再編による配列特異性変換とエピゲノム・ミクロ進化. 日本遺伝学会大会プログラム・予稿集. 2018. 90th. 113
もっと見る
講演・口頭発表等 (18件):
  • ISのように動く非接合型インテグレーティブ・エレメントの発見
    (日本進化学会第22回オンライン大会 2020)
  • 肺MAC症原因菌Mycobacterium aviumのゲノム進化
    (広島大学 日本食・発酵食品の革新的研究拠点 令和元年度 特別セミナー 2020)
  • 肺MAC症原因菌Mycobacterium aviumの地域多様化
    (第93回日本細菌学会総会 2020)
  • 肺MAC症原因菌Mycobacterium aviumのゲノム疫学
    (第4回抗酸菌研究会 2019)
  • 微生物はなぜ群れを作るのか?平板培地実験進化系を用いたBQHの検証
    (日本微生物生態学会 第33回大会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2002 - 2008 東北大学
  • 1998 - 2002 東北大学 応用動物科学科
学位 (1件):
  • 博士(生命科学) (東北大学)
経歴 (5件):
  • 2017/06 - 現在 東北大学 大学院生命科学研究科 講師
  • 2016/04 - 2017/05 筑波大学 生命環境系 研究員
  • 2013/06 - 2016/03 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 特任助教
  • 2012/10 - 2013/05 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 特任研究員
  • 2008/06 - 2012/09 University of Idaho. Institute for Bioinformatics and Evolutionary Studies (IBEST). Postdoctoral fellow
委員歴 (2件):
  • 2019 - 第13回細菌学若手コロッセウム 世話人
  • 2018 - 第12回細菌学若手コロッセウム 世話人
受賞 (3件):
  • 2019/11 - 第4回抗酸菌研究会 ベストプレゼンテーション賞 肺MAC症原因菌Mycobacterium aviumのゲノム疫学
  • 2019/03 - 第一回日本遺伝学会分科会 ポスター賞 肺MAC症原因菌Mycobacterium aviumの集団進化
  • 2018/08 - Plasmid Biology 2018: International Society for Plasmid Biology. Best Poster Presentation Award. Discovery of a non-conjugative integrative element moving as if an IS element
所属学会 (7件):
日本遺伝学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本進化学会 ,  日本細菌学会 ,  日本ゲノム微生物学会 ,  日本微生物生態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る