研究者
J-GLOBAL ID:201801020811654123   更新日: 2021年09月18日

津野地 直

Tsunoji Nao
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://home.hiroshima-u.ac.jp/catalche/
研究分野 (2件): 無機物質、無機材料化学 ,  触媒プロセス、資源化学プロセス
研究キーワード (7件): 二酸化炭素 ,  吸着材 ,  メソポーラスシリカ ,  多孔質材料 ,  触媒 ,  ゼオライト ,  層状ケイ酸塩
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2020 - 2023 二酸化炭素回収と資源化の複合化技術開発
  • 2020 - 2023 水熱合成法および二次元材料を駆使したゼオライトの構造設計と触媒特性制御
  • 2021 - 2023 エンジン排出ガス後処理装置のコンパクト化に関する技術開発
  • 2018 - 2021 ゼオライトナノ空間内の触媒活性点の位置制御による高効率資源変換プロセスの構築
  • 2017 - 2020 層状ケイ酸塩の結晶性表面を活用した高性能触媒反応場の設計
全件表示
論文 (78件):
  • Takahiko Moteki, Naoto Tominaga, Nao Tsunoji, Toshiyuki Yokoi, Masaru Ogura. Impact of the Zeolite Cage Structure on Product Selectivity in CO-assisted Direct Partial Oxidation of Methane over Rh Supported AEI-, CHA-, and AFX-type Zeolites. CHEMISTRY LETTERS. 2021. 50. 8. 1597-1600
  • Shunsaku Yasumura, Taihei Ueda, Hajime Ide, Katsumasa Otsubo, Chong Liu, Nao Tsunoji, Takashi Toyao, Zen Maeno, Ken-ichi Shimizu. Local structure and NO adsorption/desorption property of Pd2+ cations at different paired Al sites in CHA zeolite. PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS. 2021
  • Esmail Doustkhah, Rafat Tahawy, Ulla Simon, Nao Tsunoji, Yusuke Ide, Dorian A.H. Hanaor, M. Hussein N. Assadi. Bispropylurea bridged polysilsesquioxane: A microporous MOF-like material for molecular recognition. Chemosphere. 2021. 276. 130181-130181
  • Nao Tsunoji, Kazuyoshi Tsuchiya, Naoto Nakazawa, Satoshi Inagaki, Yoshihiro Kubota, Toshiki Nishitoba, Toshiyuki Yokoi, Takeshi Ohnishi, Masaru Ogura, Masahiro Sadakane, et al. Multiple templating strategy for the control of aluminum and phosphorus distributions in AFX zeolite. MICROPOROUS AND MESOPOROUS MATERIALS. 2021. 321
  • Nao Tsunoji, Ryota Osuga, Masumi Yasumoto, Toshiyuki Yokoi. Controlling hydrocarbon oligomerization in phosphorus-modified CHA zeolite for a long-lived methanol-to-olefin catalyst. APPLIED CATALYSIS A-GENERAL. 2021. 620
もっと見る
MISC (11件):
もっと見る
特許 (7件):
書籍 (3件):
  • PCP/MOFおよび各種多孔質材料の 作り方,使い方,評価解析:ゼオライト水熱転換法による高耐久性小細孔ゼオライトの合成と脱水膜/deNOx触媒への応用
    (株)エヌ・ティー・エス 2019
  • ナノ空間材料ハンドブック:ゼオライト水熱転換
    エヌ・ティー・エス 2016
  • 高機能ゼオライトの最新技術:ゼオライト水熱転換によるゼオライトの合成と応用
    ジーエムシー出版 2015
講演・口頭発表等 (4件):
  • ゼオライトとその層状類縁体の局所的・巨視的構造制御
    (JPIJS(石油学会ジュニア・ソサイアティ) 講演会 2019)
  • 高異方性の層状構造ユニットから成るゼオライトナノシートの実用的合成
    (第420回触媒科学研究所コロキウム 2019)
  • 新規層状ケイ酸塩 HUS の触媒、光機能材料としての応用
    (2017年日本化学会中国四国支部大会 若手セッション 2017)
  • Design of Highly-active Titanosilicate Catalysts utilizing Grafting of Titanium(IV) Complex on the Surface of Various Silica Supports
    (5th Annual Symposium of Forum on Low-dimensional Photo-functional Materials 2016)
学歴 (2件):
  • 2011 - 2015 広島大学 応用化学専攻
  • 2007 - 2011 広島大学 第3類(化学・バイオ・プロセス系)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 広島大学 大学院先進理工系科学研究科 助教
  • 2015/04 - 2020/03 広島大学 大学院工学研究科 助教
  • 2017/05 - 2017/08 J. Heyrovsky Institute of Physical Chemistry 滞在研究者(共同研究)
  • 2013/04 - 2015/03 広島大学 大学院工学研究科 日本学術振興会特別研究員(DC1)
委員歴 (5件):
  • 2021/04 - 現在 触媒学会 広報委員会 委員
  • 2020/05 - 現在 触媒学会 会誌編集委員 2021年より幹事(広報)
  • 2019 - 現在 低次元光機能研究会 役員
  • 2015 - 現在 石油学会ジュニア・ソサイアティ(JPIJS) 幹事(2019-2020年度 会計)
  • 2015 - 2019 日本化学会低次元光機能材料研究会 運営委員
受賞 (8件):
  • 2021/07 - Federation of European Zeolite Associations FEZA 2021 Virtual, Poster Prizes Phosphorus modification into various small-pore zeolites for improvement of catalytic durability in ethanol conversion and NH3-SCR reactions
  • 2019/10 - JPIJS(石油学会ジュニア・ソサイアティ) The 49th Petroleum-Petrochemical Symposium of JPI, JPIJS International Session, Best Presentation Award
  • 2019/04 - 日本化学会 第 99 春季年会(2019)優秀講演賞(学術)
  • 2018/12 - 日本ゼオライト学会 第34回ゼオライト研究発表会 若手優秀講演賞
  • 2016/06 - 熊谷科学技術振興財団 研究助成表彰
全件表示
所属学会 (5件):
日本ゼオライト学会 ,  石油学会 ,  触媒学会 ,  日本化学会 ,  アメリカ化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る