{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802275146503582   整理番号:18A0482013

福島第一原子力発電所事故後の赤城山の大沼湖の水生生態系における放射性セシウムの動力学【Powered by NICT】

Radiocesium dynamics in the aquatic ecosystem of Lake Onuma on Mt. Akagi following the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident
著者 (14件):
資料名:
巻: 622-623  ページ: 1153-1164  発行年: 2018年
JST資料番号: C0501B  ISSN: 0048-9697  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
放射性核種の理解生態系動力学は食品安全のための効果的な管理を確保する必要がある。2011年3月11日に福島第一原子力発電所(FDNPP)事故は大量の放射性セシウム(~134Csと~137Cs)を放出し,東部日本の環境を汚染した。本研究では,赤城山の大沼湖の水生生態系における~137Csの時間的動力学を明らかにした。魚類西部,水草(Elodea nuttallii),セストン(植物プランクトンと動物プランクトン)および湖水中の~137Csの有効生態学的半減期(T1_eff)は2011年から2016年に収集し,単一すべり方位および二成分減衰関数モデル(SDMとTDM)~137Cs濃度の調査データを用いて推定した。湖沼における水柱(WC)のwakasagi(Hypomesus nipponensis),オイカワ(Zacco platypus),植物プランクトン,および全~137Cs濃度の~137Cs濃度の減衰過程は,TDMにより適していた。これらの試料におけるTDMの高速成分におけるT_effは0.49~0.74年の範囲であった。TDMの遅い成分におけるT_effは~137Csの半減期に収束できた。FDNPP事故後五年半に近い,~137Cs濃度は,いくつかの水生生物(wakasagi,オイカワ,と植物プランクトン)と環境(湖水)間の動的平衡状態に近づくことを結論した。しかし,ウグイ(Tribolodon hakonensis)西部,水草,動物プランクトン,粒状及び溶解型WCにおける~137Cs濃度の減衰過程は,SDMのための予測された優れていた。流入河川及び泉の水中全~137Cs濃度は正常流れ条件下で湖水より1桁から二桁低かった。しかし,河川水中の懸濁態~137Cs汚染レベルは豪雨後に高かった。全体として,~137Cs汚染レベルは大沼湖で有意に減少したが,モニタリング調査は,還元過程の更なる理解のために続けるべきである。Copyright 2018 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
環境の汚染及び防止 
引用文献 (3件):

前のページに戻る