研究者
J-GLOBAL ID:201901012840387546   更新日: 2021年10月26日

岩田 拓記

イワタ ヒロキ | Iwata Hiroki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 大気水圏科学 ,  環境動態解析 ,  農業環境工学、農業情報工学
研究キーワード (6件): 微気象学 ,  炭素・水循環 ,  大気境界層 ,  渦相関法 ,  メタン交換 ,  ウェーブレット解析
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2017 - 2021 渦相関法と溶存メタン濃度測定を統合した浅い中緯度湖からのメタン放出の評価
  • 2015 - 2017 大気低周波輸送の影響を考慮した大気-地表面間の熱・ガス交換量の評価
論文 (43件):
  • Jeremy Irvin, Sharon Zhou, Gavin McNicol, Fred Lu, Vincent Liu, Etienne Fluet-Chouinard, Zutao Ouyang, Sara Helen Knox, Antje Lucas-Moffat, Carlo Trotta, et al. Gap-filling eddy covariance methane fluxes: Comparison of machine learning model predictions and uncertainties at FLUXNET-CH4 wetlands. Agricultural and Forest Meteorology. 2021. 308-309. 108528-108528
  • Anna-Maria Virkkala, Juha Aalto, Brendan M. Rogers, Torbern Tagesson, Claire C. Treat, Susan M. Natali, Jennifer D. Watts, Stefano Potter, Aleksi Lehtonen, Marguerite Mauritz, et al. Statistical upscaling of ecosystem CO 2 fluxes across the terrestrial tundra and boreal domain: Regional patterns and uncertainties. Global Change Biology. 2021. 27. 17. 4040-4059
  • Sara H. Knox, Sheel Bansal, Gavin McNicol, Karina Schafer, Cove Sturtevant, Masahito Ueyama, Alex C. Valach, Dennis Baldocchi, Kyle Delwiche, Ankur R. Desai, et al. Identifying dominant environmental predictors of freshwater wetland methane fluxes across diurnal to seasonal time scales. Global Change Biology. 2021. 27. 15. 3582-3604
  • Housen Chu, Xiangzhong Luo, Zutao Ouyang, W. Stephen Chan, Sigrid Dengel, Sébastien C. Biraud, Margaret S. Torn, Stefan Metzger, Jitendra Kumar, M. Altaf Arain, et al. Representativeness of Eddy-Covariance flux footprints for areas surrounding AmeriFlux sites. Agricultural and Forest Meteorology. 2021. 301-302. 108350-108350
  • Kyle B. Delwiche, Sara Helen Knox, Avni Malhotra, Etienne Fluet-Chouinard, Gavin McNicol, Sarah Feron, Zutao Ouyang, Dario Papale, Carlo Trotta, Eleonora Canfora, et al. FLUXNET-CH4: A global, multi-ecosystem dataset and analysis of methane seasonality from freshwater wetlands. 2021
もっと見る
MISC (21件):
  • 鈴木拓海, 岩田拓記, 高梨聡, 深山貴文, 溝口康子, 岡野通明, 小南祐志, 吉藤奈津子, 中野隆志. アカマツ林からの蒸発散量の十年規模変動とその物理的・生物的制御要因. 生物と気象. 2020. 20. 1
  • 榊原進哉, 岩田拓記, 高梨聡, 深山貴文, 岡野通明, 小南裕志, 吉藤奈津子, 中野隆志. アカマツ林の林床における二酸化炭素放出の日変化と季節変化. 日本農業気象学会関東甲信越支部例会一般講演要旨集(Web). 2019. 16
  • 鈴木拓海, 岩田拓記, 高梨聡, 深山貴文, 溝口康子, 岡野通明, 小南祐志, 吉藤奈津子, 中野隆志. アカマツ林からの蒸発散量の十年規模変動とその物理的・生物的制御要因. 日本農業気象学会関東甲信越支部例会一般講演要旨集(Web). 2019. 16
  • 河原田麻結, 岩田拓記, 高梨聡, 深山貴文, 岡野道明, 小南裕志, 吉藤奈津子. アカマツ林における陸面モデルを用いたCO2および水蒸気フラックスのシミュレーション. 日本農業気象学会関東支部例会一般講演要旨集(Web). 2018. 15
  • 鈴木拓海, 岩田拓記, 高梨聡, 深山貴文, 溝口康子, 岡野通明, 小南祐志, 吉藤奈津子. アカマツ林からの蒸発散量を変化させる駆動要因. 日本農業気象学会関東支部例会一般講演要旨集(Web). 2018. 15
もっと見る
書籍 (1件):
  • Arctic Hydrology, Permafrost and Ecosystem
    Springer
講演・口頭発表等 (15件):
  • 諏訪湖の混合に対する運動量輸送と水温成層の影響
    (日本農業気象学会関東甲信越支部2019年度例会 2019)
  • 諏訪湖における温室効果ガスの拡散放出モデルの検証
    (日本農業気象学会関東甲信越支部2019年度例会 2019)
  • アカマツ林からの蒸発散量の10年規模変動とその物理的生物的制御要因
    (日本農業気象学会関東甲信越支部2019年度例会 2019)
  • アカマツ林の林床における二酸化炭素放出の日変化と季節変化
    (日本農業気象学会関東甲信越支部2019年度例会 2019)
  • 渦相関法を用いた山脈稜線上ハイマツ生態系におけるフラックス観測
    (日本農業気象学会関東甲信越支部2019年度例会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (筑波大学)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 信州大学 理学部 理学科 物質循環学コース
  • 2014/04 - 2019/03 信州大学 理学部 理学科 物質循環学コース
  • 2012/04 - 2014/03 京都大学 農学研究科
  • 2008/05 - 2012/03 アラスカ大学 国際北極圏研究センター
  • 2007/10 - 2008/03 筑波大学 陸域環境研究センター
受賞 (1件):
  • 2014/03 - 日本農業気象学会論文賞
所属学会 (2件):
日本気象学会 ,  日本農業気象学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る