{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902289849861689   整理番号:19A2272960

標準試料ボトル中のマイクロプラスチックの定量のための実験室間比較運動【JST・京大機械翻訳】

An interlaboratory comparison exercise for the determination of microplastics in standard sample bottles
著者 (26件):
資料名:
巻: 146  ページ: 831-837  発行年: 2019年
JST資料番号: E0557A  ISSN: 0025-326X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
いくつかの研究室にわたる微小プラスチック定量化の一貫性を評価するために,実験室間比較運動を行った。試験試料は,プラスチックを含まない1リットルの海水,ポリプロピレン,高密度ポリエチレン,低密度ポリエチレンから作られたマイクロプラスチック,および2つのプラスチックボトル中の人工粒子を混合することによって調製され,世界中の12の経験された実験室で同時に分析された。マイクロプラスチックを定量するための最小必要条件を,各研究室で測定された数を持つこれらの試料ボトル中の微小プラスチックの実際の数を比較することによって調べた。不確実性は,偽認識と見過ごの両方を含む,微小プラスチックの測定サイズと/または誤同定における不正確さから導き出された広範な誤差によるものであった。マイクロプラスチックのサイズ分布は,不確実性を±20%以下に低減するために,長さ>0.5mmの走行平均を用いて平滑化されなければならない。マイクロプラスチック<1mmの数は,実験室でマイクロプラスチックを測定するための最良の実践を用いても20%過小評価された。Copyright 2019 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
海洋汚濁  ,  その他の汚染原因物質 

前のページに戻る