Rchr
J-GLOBAL ID:200901014025443410   Update date: May. 22, 2020

Tanigawa Kazuya

タニガワ カズヤ | Tanigawa Kazuya
Affiliation and department:
Job title: Lecturer
Research field  (1): Computer systems
Research keywords  (3): Reconfigurable Device ,  acceleration ,  High Level Synthesis
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2011 - 2013 様々な公開鍵暗号方式を高速に実行できるプロセッサの研究
  • 2011 - 2013 MPLDを活用したデスクトップASICプロダクション環境の開発
  • 2005 - 2008 リコンフィギャラブルシステム技術とその応用
  • 2005 - 2007 基本処理性能を評価するための再構成型アーキテクチャ用ベンチマークプログラムの開発
Papers (123):
  • 谷川一哉, 石崎大智, 窪田昌史, 弘中哲夫. ステンシル計算を対象としたメモリアクセスを最適化するラインバッファ自動挿入手法の検討. 信学技報. 2019. 119. 18. RECONF2019-3, pp. 11-16
  • 立岡 陽理, 川端 英之, 谷川 一哉, 弘中 哲夫. 主体的な学びを促進する演習型授業の設計と評価 ~コンピュータシステムの入門的演習を例にして~. 情報処理学会研究報告,. 2019. 2019-CE-149. 2. 1-10
  • 藤石 秀仁, 鎌田 時生, 弘中 哲夫, 谷川 一哉, 窪田 昌史. 細粒度再構成可能デバイスMPLDにおけるディープラーニングを用いた論理素子配置の良し悪し判定. 信学技報. 2018. 118. 334. VLD2018-48, pp. 71-76
  • 山下裕司, 窪田昌史, 谷川一哉, 弘中哲夫. FPGA の配置配線結果を使用したMPLD の配置配線ツールの検討. 信学技報. 2018. 118. 215. RECONF2018-30, pp. 61-66
  • 石崎大智, 胡濱良樹, 窪田昌史, 谷川一哉, 弘中哲夫. FPGAを対象としたC-to-OpenCL トランスレータの自動最適化機能の検討. 信学技報. 2018. 117. 479. CPSY2017-134, pp. 83-88
more...
Books (1):
  • 情報科学部学生のためのコンピュータリテラシー
    大学教育出版 2008 ISBN:9784887308190
Education (1):
  • 2001 - 2004 Hiroshima City University Graduate School, Division of Information Science
Professional career (1):
  • Computer Enginnering (Hiroshima City University)
Work history (3):
  • 2012/04/01 - 広島市立大学大学院情報科学研究科 講師
  • 2007/04/01 - 2012/03/31 広島市立大学大学院情報科学研究科 助教
  • 2004/04/01 - 2007/03/31 広島市立大学情報科学部 助手
Awards (4):
  • 2008/04/24 - 弟10回 LSI IP デザイン・アワード MeP奨励賞
  • 2007/04/26 - 第9回 LSI IP デザイン・アワード 研究助成賞
  • 2006/05/18 - 第8回LSI IPデサイン・アワード開発奨励賞
  • 2001/12 - The Takeda Techno-Entrepreneurship Award
Association Membership(s) (3):
Information Processing Society of Japan ,  Institute of Electronics, Information, and Communication Engineers ,  IEEE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page