研究者
J-GLOBAL ID:200901015415658945   更新日: 2019年10月05日

熊木 洋太

クマキ ヨウタ | Kumaki Yohta
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 固体地球科学 ,  固体地球科学 ,  防災工学 ,  地理学
研究キーワード (4件): テクトニクス,土木地質,第四紀学 ,  地殻変動,テクトニクス ,  地震,土砂災害,水害 ,  地形、自然災害、土地利用、地理情報、地図
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 地理情報・位置情報の取得・表現と応用地理学的利用
  • 地形学の防災への応用
論文 (79件):
  • 伊東勇貴. 房総半島南東部千倉付近における完新世河成段丘面の形成. 専修自然科学紀要,No.50, 13-18. 2019. 50. >13-18
  • 熊木 洋太. Geographical study of the disasters in Japan. Geographical Review of Japan Series B. 2014. 86. 2. >132-137
  • 熊木洋太, 小荒井衛, 中埜貴元. 東京都その周辺の地形改変. 地学雑誌. 2013. 122. 6. >992-1009
  • 熊木 洋太. 地形・地質学における「活断層」の認識. 日本活断層学会2013年度秋季学術大会講演予稿集. 2013. >4-7
  • 菊村紗巴子. 認知地図に基づく日本の大人の世界空間認知の分析. 日本国際地図学会 平成24年度定期大会発表論文・資料集. 2012. >34-35
もっと見る
MISC (50件):
  • 熊木 洋太. 月刊『測量』別冊いまさら聞けない地形判読(書評). 日本測量協会 測量. 2019. 69. 7. >68
  • 熊木 洋太. 地図でわかる,自然災害を受けやすい土地,受けにくい土地. (一財)地図情報センター 地図情報. 2019. 39. 1. >2
  • 平井幸弘, 久保純子. 防災の基礎としての地形分類図. 地理(古今書院). 2018. 63. 10. >26-30
  • 久保純子, 宇根 寛. 土砂災害に関わる地形. 古今書院 地理. 2017. 62. 10. >42-47
  • 熊木 洋太. 微地形学-人と自然をつなぐ鍵-. 日本地図学会 地図. 2016. 54. 3. >71
もっと見る
書籍 (14件):
  • 教育現場の防災読本
    京都大学学術出版会 2018 ISBN:9784814001651
  • 1:25,000活断層図 布田川・日奈久断層帯とその周辺「日奈久」.
    国土地理院 2018 ISBN:9784889463446
  • 地形の辞典
    朝倉書店 2017 ISBN:9784254160635
  • 1:25,000活断層図 布田川・日奈久断層帯とその周辺「阿蘇」
    国土地理院 2017 ISBN:9784889463316
  • 自然地理学事典
    朝倉書店 2017 ISBN:9784254163537
もっと見る
講演・口頭発表等 (21件):
  • Geomorphological maps as the basis of hazard mapping in Japan.
    (愛29回国際地図学会議 2019)
  • 国土交通省都市局による益城町市街地の活断層調査の意義
    (JpGU-AGU Joint Meeting 2017 2017)
  • A study on the recent giant earthquakes based on the coastal landforms and deposits in the Miura Peninsula, near Tokyo
    (Regional Conference of the International Geographica Union Kyoto 2013 2013)
  • Geomorphic evidence of uplifting associated with old Kanto Earthquakes before 1703 in a coast of Miura Peninsula, Japan
    (日本地球惑星科学連合大会2012 2012)
  • Geomorphic evidence of coseismic coastline changes in southern Miura Peninsula associated with the recent Kanto Earthquakes
    (American Geophysical Union Fall Meeting 2011 2011)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1976 - 1978 東京大学 理学系研究科 地理学
学位 (1件):
  • 理学修士 (東京大学)
委員歴 (24件):
  • 2009/04 - 2019/03 教科用図書検定調査審議会 臨時委員
  • 2007/05 - 2017/05 電子基準点を利用したリアルタイム測位推進協議会 会長
  • 2016/12 - ICC(国際地図学会議)2019東京大会組織委員会 委員
  • 2016/11 - 国土地理院応用地理部 全国活断層帯情報整備検討委員会 委員
  • 2006/05 - 2014/09 日本学術会議 連携会員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2003/05 - 日本測地学会坪井賞(団体賞)(国土地理院GEONETグループ代表として)
所属学会 (11件):
公益社団法人 日本地球惑星科学連合 ,  一般社団法人 地理情報システム学会 ,  一般社団法人 日本活断層学会 ,  日本測地学会 ,  公益社団法人 日本地震学会 ,  一般社団法人 日本応用地質学会 ,  日本地形学連合 ,  日本第四紀学会 ,  公益社団法人 東京地学協会 ,  日本地図学会 ,  公益社団法人 日本地理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る