研究者
J-GLOBAL ID:200901078941821356   更新日: 2020年10月29日

原山 智

ハラヤマ サトル | HARAYAMA SATORU
所属機関・部署:
職名: 名誉教授
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 珪長質マグマの発生・上昇・固結過程の岩石学及び熱年代学的研究
論文 (38件):
MISC (14件):
もっと見る
書籍 (24件):
  • 「槍・穂高」名峰誕生のミステリー -地質探偵出動
    山と渓谷社 2014
  • 剱岳,槍ヶ岳,穂高岳.小泉武栄編『図説 日本の山』
    朝倉書店 2012
  • 「松本」地域の地質(5万分の1地質図幅)
    産業技術総合研究所地質調査総合センター 2009
  • 実務に役立つ地質図の知識
    オーム社 2006
  • 日本地方地質誌 中部地方
    朝倉書店 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (31件):
  • The plutonic-volcanic connection: Insights from central Japan.
    (14th Swiss Geoscience Meeting, Geneva 2016)
  • Dating deep-seated catastrophic landslides in Japanese Alps by terrestrial cosmogenic10Be: an implication to the influence of climate change in shaping mountainous landscapes. cosmogenic10Be: an implication to the influence of climate change in shaping mountainous landscapes.
    (2015 INQUA Congress 2015)
  • Takidani Granodiorite: Insights into a young magma chamber.
    (Swiss Geoscience 2015)
  • Dating deep-seated catastrophic landslides in Japanese Alps by terrestrial cosmogenic10Be: an implication to the influence of climate change in shaping mountainous landscapes. cosmogenic10Be: an implication to the influence of climate change in shaping...
    (2015 INQUA Congress 2015)
  • An AMS study of the Takidani pluton (Japan).
    (EGU General Assembly 2016 , Vienne 2015)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る