研究者
J-GLOBAL ID:201401070106640277   更新日: 2020年06月09日

橋田 元

Gen Hashida
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 南極観測センター  副センター長(観測担当)
  • 国際・研究企画室  副室長
研究分野 (1件): 大気水圏科学
研究キーワード (9件): 海洋酸性化 ,  溶存炭酸物質 ,  生物地球化学 ,  地球温暖化 ,  物質循環 ,  二酸化炭素 ,  炭素循環 ,  生物地球化学 ,  極域海洋学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • (3)基盤研究(B):南極海の二酸化炭素吸収に関する研究(研究分担者、研究代表者:北海道大学大学院地球環境科学研究院・吉川久幸教授)(2008-2010)
  • (2)萌芽研究:多重反射セル型赤外分析計を用いた小型気球搭載用二酸化炭素濃度自動測定装置の開発(2006-2008)
  • (1)基盤研究(C):南極大陸の微量気体成分・エアロゾル循環に果たす南大洋季節海氷域の役割に関する研究(2002-2003)
論文 (28件):
もっと見る
MISC (52件):
講演・口頭発表等 (34件):
  • Antarctic Educational Activities by the National Institute of Polar Research
    (COMNAP HALF-DAY WORKSHOP ON ANTARCTIC-RELATED EDUCATION & OUTREACH “Communicating the importance of our Antarctic activity” 2019)
  • How to Minimise the Risk of Field Activities During Winter-Over
    (the COMNAP Symposium 2016 Winter- O ver Challenges 2016)
  • 南大洋インド洋区季節海氷域における溶存炭酸物質の空間分布と時間変化
    (JpGU M-IS15南大洋・南極氷床が駆動する全球気候変動 2016)
  • Temporal variation of dissolved carbonates in the summer of Antarctic seasonal sea ice zone
    (第6回極域科学シンポジウム 2015)
  • 南極は、人に何を伝えたいのか?
    (第39回全国教育大会岩手大会記念講演 2014)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学)、1995年 (東北大学)
委員歴 (3件):
  • 2018/04 - 現在 日本学術会議 地球惑星科学委員会地球惑星科学国際連携分科会SCAR小委員会
  • 2017/08 - 現在 ドロンイングモードランド航空網 共同議長
  • 2006 - 2008 地球温暖化観測推進ワーキンググループ委員・地球温暖化観測推進事務局/環境省・気象庁
受賞 (1件):
  • 2018/01 - 日本気象学会 2017年SOLA論文賞 Vertical Profiles and Temporal Variations of Greenhouse Gases in the Stratosphere over Syowa Station, Antarctica
所属学会 (4件):
大気化学研究会 ,  AGU ,  日本気象学会 ,  日本海洋学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る