研究者
J-GLOBAL ID:200901017142758472   更新日: 2020年07月03日

尾崎 嘉彦

オザキ ヨシヒコ | Ozaki Yoshihiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 食品科学 ,  生物有機化学
研究キーワード (9件): カキ ,  ウメ ,  カンキツ ,  リモノイド ,  ペクチン ,  食品機能 ,  酵素 ,  果実加工 ,  酵素剥皮
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2008 - 2010 かんきつ・りんご等果実の機能性成分の機能解明と高含有育種素材の開発
  • 2003 - 2006 微生物酵素を利用する次世代型ウメ加工技術の開発
  • 1998 - 2000 構造糖鎖化合物の生理機能とその応用技術の開発
論文 (29件):
MISC (41件):
特許 (19件):
書籍 (8件):
  • 食品酵素化学の最新技術と応用〈2〉展開するフードプロテオミクス (バイオテクノロジーシリーズ)
    シーエムシー出版 2011 ISBN:4781304834
  • カット野菜品質・衛生管理ハンドブック
    サイエンスフォーラム 2009 ISBN:4916164946
  • 食品機能性の科学
    産業技術サービスセンター 2008 ISBN:4915957489
  • ナノテクノロジー時代の含浸技術の基礎と応用
    テクノシステム 2007 ISBN:4924728535
  • 地域特産物の生理機能・活用便覧
    サイエンスフォーラム 2004 ISBN:4916164717
もっと見る
講演・口頭発表等 (118件):
  • ニホンナシ‘豊水’果皮成分が食品加工用酵素剤中の Polygalacturonase (PGase) 活性に及ぼす影響
    (日本食品科学工学会第66回大会 2019)
  • 平成の終わりにあらためて食品としての柿を考える
    (和歌山県柿研究協議会第7回生産者研修会 2019)
  • 系統組織と大学の連携が目指すところ
    ((一社)和歌山県農産物加工研究所 平成30年度専門委員会 2018)
  • 国産果実の新たな需要開拓を目指した加工技術の開発
    (産業技術連携推進会議近畿地域部会 食品・バイオ分科会2018年度総会 2018)
  • ハッサクおよびスイートスプリング内皮の市販酵素剤による分解物の糖組成(第二報)
    (日本食品科学工学会大会講演集 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1994 大阪府立大学 博士(農学)学位取得(乙第789号)
  • 1983 - 1987 大阪府立大学 農学部 農芸化学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (大阪府立大学)
経歴 (10件):
  • 2012/04 - 現在 近畿大学 教授
  • 2011/04 - 2012/03 (独)農研機構果樹研究所 上席研究員
  • 2010/04 - 2011/03 (独)農研機構果樹研究所 上席研究員
  • 2007/04 - 2010/03 (独)農研機構果樹研究所 主任研究員
  • 2003/04 - 2007/03 和歌山県工業技術センター 主査研究員
全件表示
委員歴 (10件):
  • 2019/07 - 現在 地方独立行政法人 鳥取県産業技術センター 研究評価委員
  • 2012/08 - 現在 大阪府立環境農林水産総合研究所 研究アドバイザリー委員会委員
  • 2018/04 - 2020/03 公益財団法人わかやま産業振興財団 未来企業育成事業審査委員会委員
  • 2013/06 - 2018/03 公益財団法人わかやま産業振興財団 事業可能性評価委員会委員
  • 2014/04 - 2016/03 和歌山県 産業技術高度化支援事業審査委員会委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2013/01 - 茨城県科学技術振興財団 つくばサイエンス・アカデミー 総合得点賞
  • 2012/09 - 社団法人日本果汁協会 技術奨励賞 ウメポリフェノール組成の解析とポリフェノー ル含量を高める糖抽出果汁の製造方法の開発
所属学会 (5件):
日本食品保蔵科学会 ,  American Chemical Society ,  日本農芸化学会 ,  Institute of Food Technologist ,  日本食品科学工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る