研究者
J-GLOBAL ID:200901097924103355   更新日: 2020年06月07日

瀬沼 武秀

セヌマ タケヒデ | Senuma Takehide
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://kizai9.mech.okayama-u.ac.jp/eng.matr/index.htmlhttp://kizai9.mech.okayama-u.ac.jp/eng.matr/index.html
研究分野 (2件): 材料加工、組織制御 ,  材料力学、機械材料
研究キーワード (4件): 集合組織制御 ,  自動車材料 ,  鋼鉄材料 ,  組織制御
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2005 - 2015 集合組織
  • 2005 - 2015 自動車用鋼板
  • 2005 - 2010 組織材質制御
  • 2005 - control of microstructure and mechanical properties
  • 金属材料の集合組織制御
全件表示
MISC (158件):
特許 (146件):
  • 耐デント性,疲労特性,耐面歪み性および加工性に著しく優れた冷延鋼板の製造方法
  • 絞り乃至絞りしごき加工缶用高剛性表面処理薄鋼板
  • 深絞り性の優れた高強度熱延鋼板及びめつき鋼板とその製造方法
  • 深絞り性と延性に優れた熱延鋼板及びめつき鋼板とその製造方法
  • 磁束密度が高い方向性電磁鋼板の製造方法
もっと見る
講演・口頭発表等 (25件):
  • V,Cuの複合析出と相界面析出モデルの考え方
    (日本鉄鋼協会、計算工学研究会 2009)
  • new hot stamping technology
    (CHS2 2009)
  • VC析出モジュールの開発
    (鉄鋼材料の革新的高強度・高機能化基盤研究開発第一回シンポジウム 2009)
  • 現場における超加工とそれに伴う組織変化
    (日本鉄鋼協会 2009)
  • 圧延技術者でも分かる組織制御
    (圧延工学研究会 2009)
もっと見る
Works (8件):
  • 共析銅のセメンタイトの溶解と逆変態挙動および析出物生成挙動の基礎研究
    2011 - 2012
  • ホットスタンプ工程での組織変化と焼き入れ性に関する基盤研究
    2009 - 2012
  • ホットスタンプ工程での組織変化と焼き入れ性に関する基盤研究
    2009 - 2012
  • フェライト系ステンレス鋼の再結晶モデル(2)
    2010 - 2011
  • 超微細マルテンサイト相を母相としたヘテロ組織の創世とその特性の解明
    2011 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1980 アーヘン工科大学 工学研究科
  • - 1975 アーヘン工科大学
学位 (1件):
  • 工学博士 (アーヘン工科大学(ドイツ))
経歴 (1件):
  • 2005 - - 岡山大学自然科学研究科 教授
委員歴 (6件):
  • 2010 - 日本鉄鋼協会 圧延工学研究会
  • 2010 - 日本金属学会 評議員
  • 2008 - 2009 計算工学研究会 研究会主査
  • 2009 - 日本塑性加工学会 圧延工学研究会 幹事
  • 2008 - 日本塑性加工学会 圧延工学研究会 幹事
全件表示
受賞 (12件):
  • 2005 - 日本金属学会功績賞
  • 2005 - 日本鉄鋼協会三島賞
  • 2005 - Contribution Award of Japanese Institute of Metal (JIM)
  • 2005 - Mishima Award of Iron and Steel Institute Japan (ISIJ)
  • 2004 - 文部科学大臣賞研究功績賞
全件表示
所属学会 (8件):
日本塑性加工学会 ,  日本自動車技術会 ,  日本鉄鋼協会 ,  日本金属学会 ,  加工硬化研究会 ,  日本工学教育 ,  介在物研究会 ,  計算工学研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る