Rchr
J-GLOBAL ID:200901097579644577   Update date: Aug. 30, 2020

Murakami Taro

ムラカミ タロウ | Murakami Taro
Affiliation and department:
Job title: Researcher
Research field  (3): Home economics, lifestyle science ,  Food sciences ,  Applied microbiology
Research keywords  (7): Polyvinylpyrrolidone(PVP) ,  proanthocyanidin ,  Wheat gliadin ,  アレルギー物質 ,  遺伝子組換え食品 ,  ビオチン ,  fuctional food
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2013 - 2017 測定阻害因子を含む食品からのアレルギー物質の測定法の改良
  • 2009 - 調理加工によるビオチンの生体利用効率への影響
  • 2009 - Effects of various cooking processes on the bioaccessibility of biotin in foods
Papers (9):
MISC (15):
Lectures and oral presentations  (14):
  • ELISA法による特定原材料の検査における内部品質管理手法の検討
    (AOAC International 日本セクション 2015年度年次大会 2015)
  • カカオを含む食品からのELISA法による小麦タンパク質の検出法の改良
    (2015)
  • ELISA法による小麦タンパク質の検出における測定阻害因子の解析
    (第108回日本食品衛生学会学術講演会 2014)
  • LC/MS/MSによる植物性自然毒の迅速一斉分析の検討
    (第51回全国衛生化学技術協議会年会 2014)
  • 小麦グリアジンタンパク質との抗原抗体反応を阻害する食品因子の解析
    (日本食品化学学会 第20回 総会・学術大会 2014)
more...
Education (2):
  • - 2004 Osaka Prefecture University
  • - 2004 Osaka Prefecture University
Professional career (1):
  • 生活科学 (大阪市立大学)
Association Membership(s) (7):
JAPANESE SOCIETY OF FOOD CHEMISTRY ,  AOAC INTERNATIONAL Japan Section ,  日本食品衛生学会 ,  The Food Hygienics Society of Japan ,  and Agrochemistry ,  Biotechnology ,  Japan Society for Bioscience
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page